おやつにどんなものを与えるべき?

犬におやつは必要?!

ペットショップやホームセンターのペットコーナーなどで、どんなおやつを買おうか迷ったことはありませんか?色々なメーカーから、色々なタイプのおやつが販売されているので、選ぶにも一苦労の飼い主さんも多いでしょう。

最近では、おやつの他にもケーキやおせちなども販売されているので、特別な日に愛犬へプレゼントすることも増えてきましたし、販売されている光景をよく目にするようになりました。
ただ、ここで一つ気になるのが、犬にはおやつが必要なのかということです。

単刀直入に言ってしまうと、犬におやつは必要ありません。
総合栄養食と記載されたドッグフードと新鮮なお水があれば、犬は必要な栄養素を効率よく摂取することができ、それが健康維持にも繋がります。
ただ、しつけの一環としてのご褒美・スキンシップの一環としてなど、何か【特別】という時におやつを与えることは、信頼関係の向上にも繋がります。
そのため、栄養素の観点から考えると、おやつは必要不可欠ではありませんが、あげすぎなければ、おやつは必要とも言えるのです。

おやつの種類

現在、様々なタイプのおやつが販売されていますが、基本的な種類はそう多くはありません。
そのため、愛犬にどんなタイプをあげたいか決めておけば、おやつ選びもそう難しくはないのです。

牛皮タイプ

硬さもあり、長時間噛んで食べることができるのが、牛皮タイプ(骨の形をしていることが多い)のおやつです。
ご褒美としてあげるのには適していませんが、イタズラ防止や噛み癖のある犬には最適とも言えます。
また、中には歯磨きケアもしてくれるものもあるので、歯磨きが苦手な犬にはオススメかもしれません。

ジャーキータイプ

ジャーキーには魚・牛・豚・鶏・鹿などいろいろな種類があります。
ただ、どのジャーキーも硬さがあり犬が喜んで食べ続けてくれるものが多いです。
細かく一口サイズになっていれば、ご褒美やコミュニケーションの一環で与えることに適していますが、ご褒美には少し噛む時間が長く適していないかもしれません。

クッキーやボーロ

甘いおやつの代表例とも言えます。
大きさも一口サイズと小ぶりで、口に入れるとすぐに溶けたり噛むことにより小さくなるので、コミュニケーションの一環としても適していますし、しつけのご褒美としても活躍してくれます。

歯磨きガム

最近、犬の歯磨きが注目されるようになりました。
もちろん、一番効果的なのは歯磨きをしてあげることですが、すべての犬が歯磨きが好きなわけではありません。
そのため、歯磨きガム(強度も様々です)をおやつ代わりに与えるのも効果的と言えます。

おやつを与えよう!

おやつを与える際に大事なのが、愛犬の年齢や症状にあったものを与えるということです。
若い犬であれば、歯のトラブルもないため比較的どのおやつでも喜んでくれることが多いのですが、シニア期にもなると歯のトラブルが増えていきます。
そうなると、牛皮やジャーキーなどの硬いものは食べなくなってしまうため、口の中で溶けやすいボーロなどが良いでしょう。

愛犬に合ったおやつを与え、お互いの信頼関係を深めてみてはいかがでしょうか。
Column関連コラム一覧
トップに戻る