ささみで手作りドッグフード

ささみは良質なたんぱく質 ささみには、低脂肪で良質なたんぱく質が豊富に含まれています。
そのため、多くのたんぱく質を必要とする犬にとって、ささみは必要なお肉と言っても良いくらいなのです。
もちろん、総合栄養食と記載されたドッグフードを毎日適量摂取していれば犬は1日に必要な栄養素を摂取することが可能ですが、何らかの理由で栄養素が十分に摂取出来ないときなどにも、ささみはオススメです。

ささみで手作りドッグフードを与えよう

大切な家族の一員である愛犬には、いつまでも健康で元気でいて欲しいものです。
そのためにも、たんぱく質の摂取は必要不可欠となるため、適量のささみを愛犬に与えることも大切です。
また、犬の健康状態は被毛に現れると言われているのですが、これには理由があり、犬の被毛や皮膚のほとんどがたんぱく質から成り立っているからなのです。
つまり、良質なたんぱく質を摂取することで、被毛や皮膚の健康を維持できるということになります。

ただ、ささみだけでは必要な栄養素をすべて摂取することは出来ないため、ドッグフードに手作りしたささみを乗せるなどのアレンジを加えることが必要です。

ささみで手作アレンジ法

それでは、さっそく愛犬に手作りのささみ入りドッグフードを作ってあげましょう。

茹でたささみをブレンダーで細かくする

ささみを茹でて愛犬に与える方法で一番ポピュラーなのが、ブレンダーで細かくすることです。
ブレンダーで細かくし、ドッグフードと混ぜることで、ドッグフード全体にささみが行き渡るため、食ムラのある犬でも食いつきが良い傾向にあります。
また、細かくすることで消化も良くなるため、子犬やシニア期などの犬にも優しい調理法となっています。

ささみをオーブンで焼いて、手作りジャーキー

ささみを細かく切り落とし、オーブンで焼けば、無添加のささみジャーキーの完成です。
ジャーキーを少し細かくしてドッグフードにプラスしても良いし、おやつとしても役立つ一品です。

ささみ寒天ゼリーでダイエットをサポート

茹でたささみやキャベツなどを入れて寒天ゼリーを作れば、愛犬のお腹を満足させることだって可能です。
肥満で悩んでいる愛犬に、是非与えてみてはいかがでしょうか。
Column関連コラム一覧
トップに戻る