タイプ別ドッグフードの選び方

ドッグフードと聞くと、ついカリカリのものをドッグフードと思いがちですが、ウェットタイプや半生タイプのものもドッグフードと呼ばれます。
もちろん、各ドッグフードによって仕様も異なるため、ドッグフードが持つ特徴を活かし、愛犬の状況に合わせてドッグフードを選ぶことができるのです。

ドライフード

ドライフードは、ドッグフードの中でも一番需要が高いドッグフードで、ほとんどの飼い主さんが愛犬に与えたことがあるのではないでしょうか。
ドライフードの特徴としては、水分含有量が10%以下のものがほとんどで、栄養バランスに優れた総合栄養食が多く販売されています。
長期保存が可能で、年齢別や症状別に販売されている他、金額も比較的リーズナブルで販売されているものが多いです。

また、ドライフードをお湯でふやかして与えることも可能なため、子犬はもちろんシニア期になっても与え続けることが可能です。

ウェットフード

ウェットフードは、文字通り水分含有量が75%以上のやわらかいドッグフードのことを言います。
犬が好む食感と、嗜好性がドライフードよりも高いため、愛犬にとってはご馳走と言っても過言ではないでしょう。

総合栄養食と記載されたウェットフードであれば、毎日食べていても問題はありませんが、記載がない場合はそれだけでは必要な栄養素を摂取することができません。
そのため、総合栄養食のドライフードなどと併用して与える必要があります。

ただ、愛犬の食欲がない時に与えると、ドライフードは食べなくてもウェットフードなら食べてくれるといったことがあるため、普段から与えるよりも食欲が低下した時などに与えると良いでしょう。

セミモイスト(半生タイプ)ドッグフード

セミモイストのドッグフードは、半生タイプとも呼ばれ、水分含有量が25~35%とドライとウェットの中間くらいといったところでしょうか。
多くのフードが、少量ずつ小分けで販売されており、しっとりとした食感で、ウェットフード同様に嗜好性が高いのが特徴です。

このタイプのドッグフードも、食感が良く嗜好性も高いのですが、与えすぎるとドライフードを食べなくなってしまう可能性があります。
また、比較的若い年齢からやわらかい食感のフードを与えてしまうと、歯や顎の健康を害してしまう可能性もあるため、セミモイストタイプを日常的に与えるのであれば、子犬や成犬期は避けた方が良いかもしれません。
Column関連コラム一覧
トップに戻る