チーズのドッグフード

チーズの特徴

犬は、チーズが大好きです。
嗜好性も高いことから、食欲がない時でもチーズを与えると食べてくれることもあります。
チーズには、たんぱく質やミネラルなどの栄養素が豊富に含まれています。
また、チーズは発酵食品なので、善玉菌を摂取することができるため、犬の腸内環境を整えてくれる効果もあるのです。
ただし、チーズは高カロリー・高塩分のため、過剰摂取には注意が必要です。
特に、腎臓機能が低下している犬に高塩分のチーズを与えると、腎臓に負担をかけてしまう恐れもあります。
チーズを愛犬に与えるときは、摂取量を守りましょう。
また、チーズは乳腺品のため、乳製品にアレルギーがある犬は、アレルギー反応が出る場合もあるので、与える際は十分に注意しましょう。

与えるチーズの種類

与えるチーズに関してですが、できれば犬用のチーズを与えるようにしましょう。
犬用のチーズであれば、カロリーや塩分も控えめに作られているので、安心して愛犬に与えることができます。
また、種類も豊富で、普通のチーズタイプのものやフリーズドライしてあるタイプのチーズもあるので、愛犬に適したチーズを選んであげると良いでしょう。

もし、犬用ではなく人間用のチーズを与えるならば、塩分が控えめのカッテージチーズ・モッツァレラチーズ・クリームチーズなどが良いでしょう。
特に、カッテージチーズは脂肪分が少ないため、犬に与えるには良いチーズを言われています。
また、愛犬が食わず嫌いでドッグフードを食べてくれない時や、栄養をプラスしたい時などに、パルメザンチーズを少量トッピングしてあげるのも良いでしょう。
少量で、尚且つふりかけのようにドッグフードにかけることができるので、愛犬も喜んで食べてくれるでしょう。

ご褒美や栄養補給として

日頃からチーズを与えていると、カロリーオーバーや塩分の過剰摂取につながりかねないため、チーズを与えるときは、ご褒美として与えるのが良いかもしれません。
ただし、体調不良で栄養補給が十分に取れない場合や、少しでも多く栄養を摂取して欲しい時などにチーズを与えると、カロリーを摂取できるので良いかもしれません。
チーズのドッグフードを与えるときは、外時の状況に応じて与えるようにしましょう。
Column関連コラム一覧
トップに戻る