ドイツ産のドッグフード

ドイツはペット先進国

日本では、人間とペットの食品基準が違うため、人間が食べられない添加物も、ドッグフードには使用されれているといったケースは多く存在します。
しかし、ペット先進国と呼ばれているドイツは、ドッグフードも人間の食材を使用して作らなくていけないという法律が存在するため、ドッグフードもすべて人間の食品と同基準のものを使用して作られています。
そのため、ドイツ産のドッグフードは、高品質・阿新・安全のプレミアムフードと呼ばれているのです。

ちなみに、ドイツには殺処分もなく、犬を飼育する環境や飼い主さんの意識が高いため、その結果がドッグフードにも表れていると言っても良いでしょう。

ドイツ産のドッグフードは買える?

日本いにても、ドイツ産のドッグフードを購入することは可能です。
ドイツ産のドッグフードは、すでに説明した通り人間の食品基準と同じなため安心・安全です。
ただし、気を付けなければならないのが、販売ルートです。
正規店などで購入する場合であれば問題ありませんが、あまりにも安く販売されている場合は注意が必要です。
なぜなら、輸送手段のコストを削減するために、温度管理のされていない状態で輸送されることにより、ドッグフードの品質が落ちてしまう可能性がるからです。
そのため、ドイツ産のドッグフードを購入したいと思ったら、正規ルートで購入した方が良いでしょう。

ドイツ産のドッグフードの原材料とは

ドイツ産のドッグフードの原材料には、有機畜産牛・豚・鶏肉・魚などが主原料として使用されている他、必須脂肪酸である大麦・野菜や果物が使用されいます。
もちろん、原材料に農薬や化学肥料、抗生物質、成長モルモンなどは使用されておらず、原材料のすべてがドイツ産のものを使用しています。

このように、原材料にもこだわっているドッグフードを愛犬に与えるという事は、愛犬の健康を考えたうえでもとても良いことと言えるでしょう。
犬も、私たち家族の一員です。
食べるものにも気を付けて、少しでも健康で長生きしてもらいたいものです。
Column関連コラム一覧
トップに戻る