トウモロコシが主原料のドッグフード

主原料がトウモロコシかを確認する方法

トウモロコシは、多くのドッグフードで使用されている穀物です。
そのため、パッケージを見た時に、トウモロコシ・コーンミール・トウモロコシ粉・コーンフラワーと記載せれているのを見たことがある飼い主さんも多いのではないでしょうか。
トウモロコシは、炭水化物だけでなく植物性のたんぱく質も含んでいるため、ドッグフードで使用されることが多い原材料のひとつです。

ドッグフードを購入する際に気になるのが、主原料です。
主原料に何が使用されているかとても気になるところではないでしょうか。
中には、食物アレルギーを抱えている飼い主さんもいるでしょう。
その際、パッケージは必ずチェックするものです。
ドッグフードのパッケージには、配合の割合が多い順に原材料が記載せれています。
そのため、1番最初にトウモロコシと記載されていた場合、そのドッグフードの主原料はトウモロコシということになるのです。

トウモロコシについて

トウモロコシと聞くと、甘くてみずみずしく美味しいイメージがあります。
ただし、それは私たち人間が食べる場合のみです。

私たち人間は、スイートコーン・ハニーバンタムと呼ばれる甘味があり栄養が豊富に含まれた品種を食べています。
また、炭水化物やビタミンがバランスよく配合されています。
一方、ドッグフードに使用されるトウモロコシは、デントコーン・フリントコーンと呼ばれるもので、基本的には家畜の飼料として使用される品種なのです。
そして、これらのコーンは、粒が大きくて固く、消化があまり良くないと言われています。
つまり、穀物の消化が苦手な犬にとって、トウモロコシは消化がしにくく、大量に摂取すれば下痢などの体調不良を引き起こす可能性もあるということです。

トウモロコシがアレルギーの原因に?!

炭水化物だけでなく植物性のたんぱく質も含んでいるトウモロコシですが、実は、小麦・乳製品・大豆に並ぶ食物アレルギーの原因物質でもあります。
一般的に、トウモロコシに含まれていえるグルテンが、アレルゲンになりやすいと言われているため、穀物にアレルギーをもつ犬は注意する必要があります。

また、多くのドッグフードに含まれているトウモロコシですが、最近ではトウモロコシを含まないドッグフードも増えてきました。
アレルギーをはじめ、トウモロコシではないドッグフードを食べさせたい飼い主さんなどは、そういったものに切り替えていくのも良いかもしれません。
Column関連コラム一覧
トップに戻る