ドッグフードに使われる穀物の種類

代表的な穀物のトウモロコシ

トウモロコシは、多くのドッグフードで使用されている穀物です。
トウモロコシは、炭水化物だけでなく植物性のたんぱく質も含んでいます。
また、パッケージには、トウモロコシではなく、コーンミール・トウモロコシ粉・コーンフラワーと記載せれている場合も多いです。
しかし、この場合も使用しているのは同じトウモロコシで、粒の表皮を取り除き細かく砕いたものをそう呼んでいるのです。

コーングルテン・コーングルテンミール

トウモロコシ粉から、コーンスターチと呼ばれるデンプンを取り除いた部分を加熱処理したものです。
先ほど紹介したトウモロコシより消化がしやすいのが特徴です。

コーングルテンフィード

コーングルテンフィードは、コーンスターチやコーン油を搾った後の搾かすを乾燥して加工したもので、食物繊維を豊富に含んでいます。

ドッグフードには米類も使用されている

実は、お米も穀物に分類されます。
しかし、米類はトウモロコシに比べると少し高価な穀物になるため、プレミアムフードなどに使用されている場合が多いです。

玄米

体に良いと有名な玄米ですが、犬にとっては少し消化吸収しにくく、場合によっては下痢を起こしてしまうことあります、そのためドッグフードで使用される玄米は、粉にすることで消化しやすくしています。

うるち米

炭水化物の中では消化がしやすいと言われている原材料で、こちらもプレミアムフードなどに使用されていることが多いようです。

穀物と言えば...やっぱり麦類!

穀物と聞いて、真っ先に思い浮かぶのが麦類ではないでそうか。
麦類は、種類によって栄養価も異なるのが特徴です。

小麦

小麦には、全粒小麦粉と、小麦粉の2つに分かれますが、ほとんどのドッグフードで使用されているのが小麦粉です。
全粒小麦粉は、プレミアムフードに使用されている場合が多いです。
また、小麦にはたんぱく質であるグルテンを豊富に含んでいます。

大麦

小麦よりグルテン含有量は少ないですが、食物繊維・ビタミン・ミネラルを豊富に含んでいます。

オーツ麦

大麦同様に食物繊維・ビタミン・ミネラルを豊富に含んでいますが、たんぱく質の含有量は小麦に比べると少なめです。
また、小麦アレルギーがある場合に、代替として使用されることも多いです。

穀物はドッグフードに必須!

穀物を与えるということは、犬の健康を維持する上で必要な食物と言えます。
ほとんどのドッグフードには、何らかの形で穀物が含まれているので、愛犬の健康を維持するためにも毎日適量のドッグフードを愛犬に与えましょう。
Column関連コラム一覧
トップに戻る