ドッグフードに使用される保存料

ドッグフードには保存料が使用されている?! そもそも保存料とは、その食品の腐敗や変敗の原因となりうる微生物が増えるのを抑制し、長期保存を可能にする添加物のことを言います。
最近では、保存料を使用していないドッグフードも販売されてきましたが、それでもまだ、合成着色料や保存料などの添加物が使用されているドッグフードが販売されています。
実際にドッグフードのパッケージを見てみると、原材料が記載された欄に、よく見慣れない添加物などが記載されていることが多いかと思います。
多くの場合、「有名なメーカーから販売されている」という理由で、あまり気にしない飼い主さんが多いようですが、一度よく、使用されている添加物について調べてみましょう。
もしかすると、愛犬の健康を害する保存料などの添加物が使用されているかもしれません。

よく見かける保存料について

ここでは、実際にドッグフードに使用されている保存料について紹介していきます。

亜硝酸ナトリウム

亜硝酸ナトリウムは、肉が黒ずんでしまうのを予防する保存料として使用されているのですが、この保存料には発がん性物質の「ニトロソアミン」を発生させるリスクがあります。

ソルビン酸カリウム

この保存料は、色々な食品の腐敗防止として使用さている保存料なので、一度は見たことがある飼い主さんも多いのではないでしょうか。
ソルビン酸カリウム自体は、それほど毒性を持っているものではないですが、亜硝酸ナトリウムと反応することにより、発がん性物質を発生させると言われています。

プロピレングリコール

この保存料は、保湿剤の役割を担っているため半生やモイストタイプのドッグフードに使用されていることが多いです。
また、この保存料には防カビや防腐剤としての働きもあるため、私たちが使用する化粧品や洗剤などにも使用されています。
また、食品では麺類やおにぎりにも使用されているそうですが、毒性が強いため使用量の制限はとても厳しいです。

ちなみに、ドッグフードには使用可能ですが、キャットフードには使用が認められていません。
なぜなら、猫がこの保存料を大量に摂取することにより、アレルギーや腸閉塞を起こすリスクが高まるからだそうです。

必要だけど怖い保存料

長期保存をする上で必要不可欠な保存料ですが、時としてこの保存料は、健康を害するものになってしまいます。
もちろん、保存料が必ずしも健康に被害を加えるわけではありませんが、その可能性があることは事実です。
少しでも心配になったら、使用をやめる・使用を少なくするなどしてみるのも良いかもしれません。
きっと、愛犬の健康を維持する上で、大切な行動になることでしょう。
Column関連コラム一覧
トップに戻る