ドッグフードの安全性とは

ペットフード安全法について

2007年、アメリカでメラミンが混入したドッグフードを食べた犬猫が死亡するという事故をきっかけに、2009年6月に【愛玩動物用の飼料の安全性の確保に関する法律】というものが施行されました。
これにより、食の安全性が確保されたように思えますが、実際のところは万全ではありません。
今現在も、日本で製造・販売されているドッグフードには私たち人間が口にすることが出来ない添加物が使用されたり、粗悪な原材料が使用されているという現状があるのです。

安全性が高いとは思えいない原材料について

一部のドッグフードには、ミール・ミート・パウダー・エキス(4Dミート)と表記された原材料が使用されています。
実はこれ、

Dead(死んだ動物)

Dying(死にかけた動物)

Disabled(体に障害のある動物)

Diseased(病気の動物)という意味で、私たち人間は食べることができない原材料なのです。
また、これらを使用したドッグフードの場合、コスト削減するために、毛皮・ひづめ・糞尿なども一緒に混ぜて使用していることもあるため、とても安全性が高いとは思えません。
特に、糞尿も一緒ということは、加熱処理がなされたとしても、その臭いなどを隠すために香料が余分に使用される可能性もあり、結果として健康を害する恐れも否定できないからです。

危険な食品添加物について

ミール・ミート・パウダー・エキスの肉と危険な食品添加物は、ほとんどがセットで使用されていることが多いです。
これは、肉の品質の悪さを、食品添加物で誤魔化すためで、日本のペットフード安全法は、人間の食品基準に比べるとゆるいのが現状です。
そのため、実際には人間が食べることのできない添加物も、ドッグフードには使用されていることがあるということです。
特に着色料や香料に関しては、それを使用しなければ美味しくないドッグフードということになるため、肉の品質が良くないということにも繋がってきます。
ドッグフードのパッケージに、酸化防止剤(BHA・BHT)・保存料(ソルビン酸K)・着色料(青2・赤102)・香料などが記載されていたら、それは愛犬の健康を害する恐れもあるため、避けた方が良いでしょう。

ドッグフードの安全性について考えよう

最近では、【犬はペットではなく大切な家族の一員】といった考えを持つ飼い主さんが増えてきたため、与えるドッグフードにもこだわりを持ち良いものを与えたいというニーズも増えてきました。
そのため、無添加やオーガニックのドッグフードが販売されたり、良い原材料ばかりを使用したドッグフードなど様々な種類のドッグフードが販売されています。
ただ、現実にはまだ粗悪なドッグフードが販売されているということもあるため、ドッグフードを購入する際は、パッケージをよく見てから購入すると良いでしょう。

愛犬に健康でいつまでも元気でいてもらうためには、毎日の食事の品質はとても大切なポイントでもあります。
家族の一員である愛犬の食の安全性、一度考えてみると良いかもしれません。
Column関連コラム一覧
トップに戻る