ドッグフードの相性はどこで見るべきか

食いつき良いか悪いかがポイント

ドッグフードを切り替えた時などに気になるのが、ドッグフードの食いつきではないでしょうか。
切り替えても前と変わらず食べてくれたり、むしろ前より食いつきが良ければ安心ですが、あまり食べてくれなかったら、例えそれがどんなに良いドッグフードだったとしても心配になります。
つまり、ドッグフードの相性を見極める上で、ドッグフードの食いつきはとても重要なポイントでもあるということです。
ただし、もとから偏食傾向にある犬は、たとえそのドッグフードとの相性が良くても、食べムラがあることがあります。
そのような場合は、愛犬におやつも与えず十分にお腹を空かせてからドッグフードを与えるようにしましょう。
甘やかして次から次へとドッグフードを変えてしまうと、犬もワガママになりますます偏食が激しくなってしまいます。

愛犬の体質に合っているか

どんなに食いつきが良かったとしても、そのドッグフードが犬の体質に合っていないと意味がありません。
そのため、ドッグフードを切り替えた時は、そのドッグフードが愛犬の体質に合っているかを良く観察するようにしましょう。

観察するポイントとしては、愛犬が下痢や軟便ではないかというところです。
もちろん、1回だけであったり1日で収まるようであれば問題ありませんが、下痢や軟便が数日間以上続く場合は、そのドッグフードが愛犬に合っていないということにまりますので、新たにドッグフードを切り替えるか、ずっと与えていたドッグフードに戻すということも必要になってきます。

愛犬の年齢や症状に合ったドッグフードを選ぶ

どんなに食いつきが良かったとしても、愛犬の年齢に合ったドッグフードでなければ、場合によっては健康面において何か問題が生じてしまう可能性もあります。
一般的に、子犬用とシニア犬用のドッグフードはカロリーも異なり当然ながら子犬用の方が食いつきも良いです。
ただ、子犬用を与え続けることにより、カロリーを過剰に摂取してしまい肥満になる可能性もあります。
また、何か病気を抱えておりその療法食を与えているならば、 健康を維持するためにもその療法食を与えた方が良いこともあります。
ドッグフードの相性を見極めるためには、年齢・症状・食いつき・体質など総合的にどうかを判断することが大切です。
Column関連コラム一覧
トップに戻る