ドッグフード選びの基準とは

ドッグフードを購入しに行くと、様々な種類のドッグフードが販売されていて、何を買えば良いか迷ったことはありませんか?実は、ドッグフード選びには基準があり、その基準を理解して選べば、迷うことなくドッグフードを購入することが出来るのです。

総合栄養食

ドッグフードのパッケージに、【総合栄養食】と記載せたドッグフードがあります。
これは、このドッグフードと水さえあれば、1日に必要な栄養素を十分に摂取できるという意味を持っており、ドッグフード選びをする上で重要な基準となっています。

年齢に応じたドッグフードを選ぶ

販売されているドッグフードには、子犬/授乳期用・子犬用・成犬用・シニア期用のドッグフードが販売されており、それぞれのドッグフードにおいて配合されている栄養素が異なっています。
そのため、十分な栄養素を摂取するためには、ある程度年齢に応じたドッグフードを選ぶことが重要となってきます。

添加物の有無

最近、原材料にこだわりを持っているドッグフードが増えてきました。
添加物は、犬の消化器官に負担を与えるだけでなく、アレルギーの発生原因とのなりうるため、可能であればできるだけ添加物の使用がないものや少ないものを選んであげると良いでしょう。

価格

ドッグフードを購入する際に、価格に大きな差があるのに気付いたことはありませんか?当然ながら、原材料にこだわりがあるものや、添加物の使用がないものなどに関しては、通常のドッグフードより価格は高めです。
ただ、明らかに他のドッグフードと比べて価格が安いものも販売されています。
しかし、こういったドッグフードには、粗悪な原材料や危険な添加物が使用さていることが多く、長期に渡って与えることは健康を害する可能性もあるので、できれば避けた方が賢明です。

愛犬に合ったドッグフードを与えよう

ドッグフード選びの基準が分かっていれば、どんなにドッグフードが並んでいても迷うことなく必要なドッグフードを購入することが可能です。
愛犬の年齢や状態に合ったドッグフードを選んで、愛犬の健康をサポートしてあげましょう。
Column関連コラム一覧
トップに戻る