ドライのドッグフードはダニに注意

ドライのドッグフードに住み着くダニとは

購入したドッグフードのパッケージを開けっ放しにしていることはありませんか?実は、パッケージを開けっ放しにしていると、穀物を好む【ケナガコナダニ】というダニが住み着いてしまう可能性があります。
ちなみにこのダニ、犬の体の免疫に反応し、アレルギー症状を引き起こしてしまうことのあるのです。
もちろん、ダニは室内の至る所にいると言われていますが、ケナガコナダニは犬が直接口にしすることにより、直接のアレルゲンになってしまうため、ドッグフードの開けっぱなしはしないようにすることが必要です。

なぜダニが繁殖するのか

ダニは、住み着くことができる環境(ここで言うとドッグフード)と少量の酸素があれが、それだけで繁殖することが可能です。
とくに、ドッグフードは袋の中に大量に入っているわけですから、あっという間にその数を増やしてきます。
ダニは、目で見ることができないため、どれ位住み着いているかなどを判断することはできませんが、ダニがどうして発生するかを分かっていれば、対処方法も考えられるので覚えておきましょう。

ダニを寄せ付けないためには

1番大切なのは、使用するたびにフードのチャックをしっかりと閉めることです。
その際に、空気を抜いておくことも必要です。
そして、ドッグフードは冷蔵庫にいれることによりカビが発生することがあるため、常温の日が当たらない場所で保管するようにしましょう。

また、量の多いドッグフードを購入する飼い主さんも多いのではないでしょうか。
小さい量のドッグフードを購入するより安値ということもあり、量の多いドッグフードは好まれがちです。
しかし、ここで気を付けなければならないのが、ドッグフードは開けるたびに酸化していくことです。
酸化は、空気に触れることにより起こり、ドッグフードの鮮度や状態を悪くしていきます。
当然、空気に触れることがあればダニも住み着きやすくなるため、量の多いドッグフードを購入する場合は、保管方法に注意する必要があります。
例えば、小さな密閉容器に小分けにして保存してくことも良いかもしれません。
できるだけ、空気に触れさせないことが大切です。

ドッグフードは、1か月を目途に使い切ると良いと言われています。
中型犬や大型犬であれば、量の多いドッグフードでも使い切るかもしれませんが、超小型犬や小型犬の場合は難しいでしょう。
その場合は、密閉容器で保存をしたり、量の少ないドッグフード(最近では、小分けになっているものもあります)を選ぶと良いでしょう。

できるだけ、ダニが発生しにくい環境を作り、愛犬の健康を守ってあげましょう。
Column関連コラム一覧
トップに戻る