ヘルニアの犬に適したドッグフード

椎間板ヘルニアとは

そもそも椎間板とは、背骨と背骨の間にあるクッションのような役割を担っているもので、外側にある線維輪と内側にある髄核と呼ばれるもので形成されています。
しかし、この線維輪が何かしらの理由で損傷してしまい、内側の髄核が外へ出てしまうことにより、痛みを伴い、症状が悪化すると歩行も困難になります。
このような症状を、椎間板ヘルニアと呼びます。

また、椎間板ヘルニアを起こしやすい犬種として、ミニチュア・ダックス・フンド、コーギー、ペキニーズなどが挙げられます。
これらの犬種は、年齢を問わず発症しやすい犬種のため、予防を心掛ける必要があります。

ドッグフードでヘルニアを予防する

椎間板ヘルニアを発症してしまった場合、残念ながら治療のための療法食というものはありません。
そのため、痛みをうまく薬でコントロールしたり、場合によっては手術を行う必要があるのですが、ドッグフードで予防を心掛けることは出来ます。

肥満防止のドッグフードを選ぶ

肥満と椎間板ヘルニアは密接な関係にあります。
肥満になると、関節に負担をかけてしまうため、椎間板ヘルニアを発症するリスクが高まります。
そのため、低カロリーや炭水化物の少ないドッグフードを与え、日頃から体重管理を行うことで、椎間板ヘルニアを予防することが可能です。

グルコサミンやコンドロイチンが含まれているドッグフードを選ぶ

関節強化のため、グルコサミンやコンドロイチンが含まれていえるドッグフードを選ぶと良いでしょう。
また、サプリメントなどもあるため、うまく活用すると効果的です。

犬種別のドッグフードを選ぶ

ドッグフードの中には、犬種別に販売されているものもあります。
こうしたドッグフードには、犬種特有の疾患に合わせ、必要な栄養素がバランスよく配合されているため、犬種別ドッグフードを与えることも効果的です。

このように、椎間板ヘルニアはドッグフードで予防することが可能です。
しかし、せっかく椎間板ヘルニア予防のためのドッグフードを与えていても、与えすぎによる肥満や、住環境がフローリングや段差が多い環境だと、予防しているつもりが逆効果になってしまうこともあるため、食事と住環境を意識して、愛犬の椎間板ヘルニアを予防してあげましょう。
Column関連コラム一覧
トップに戻る