塩分控えめのドッグフードとは

塩分控えめが良い理由

私たち人間も、塩分控えめが健康には良いなんて言われることがありますが、それは、私たち人間だけでなく犬の健康にも当てはまります。
つまり、犬が塩分を過剰摂取してしまうと、高血圧になり、脳卒中や心筋梗塞などを発症るリスクが高まります。
また、高血圧になると、運動後の疲れが通常より大きいことから、動くことを嫌がるようになり、やがては肥満に繋がる傾向にあります。
それでけではありません。
塩分の過剰摂取は、腎機能に大きな負担がかかってしまい、腎臓病を発症するリスクも高まってしまうのです。
腎臓病は、一度発症してしまうと完治することが出来ない病気のため、食事のコントロールが非常に重要となります。

成犬であれば、塩分を過剰に摂取しなければ成犬用ドッグフードで問題ありませんが、シニア期に入ったら、できるだけシニア期用のドッグフードに切り替えると良いでしょう。
シニア期用のドッグフードは、塩分含有量が少なく設定されているため、犬の健康維持に役立ちます。

犬にも塩分は必要

私たち人間にとって、塩分は必要不可欠なものであり、塩分なしでは考えられない人もいるのではないでしょうか。
私たちは、つい自分の考えのもと判断してしまうところがあるため、「犬も塩分が必要だ!」と思ってしまいがちです。
もちろん、ドッグフードにも塩分は含まれているため、犬にとっても塩分は必要なものではありますが、摂取量は人間とは異なります。
犬は、体重1kgにつき50mgの塩分摂取が良いとされているため、できるだけこの範囲内で塩分摂取をすることをオススメします。

余計な味付けは不要

総合栄養食と記載されたドッグフードには、必要な栄養素がバランスよく配合されているため、それ以外に何かあげる必要はありません。
もちろん、味つけなども不要なので、せっかく塩分が控えめになっているドッグフードに塩分をプラスしてしまうようなことをすれば、健康を害する可能性もあるので注意が必要です。

犬の年齢や症状に合わせて、塩分控えめのドッグフードを選び、健康維持のサポートをしてあげましょう。
Column関連コラム一覧
トップに戻る