缶詰ドッグフードのメリット

缶詰ドッグフードについて

現在、多くの缶詰ドッグフードが販売されています。
缶詰のドッグフードと聞くと、缶詰だけでは必要な栄養素が十分に摂取できなかったり、逆に太ってしまうのではないかと不安になる飼い主さんも多いようですが、実際のところは与える量さえ間違えなければ問題ありません。

缶詰のドッグフードにも、【総合栄養食】と記載されたものがありあます。
そもそも総合栄養食とは、そのドッグフード+水さえあれば、犬は1日に必要とする栄養素を摂取できるため、缶詰のドッグフードだけでも問題はないのです。
ただし、総合栄養食と記載がないと、そのドッグフードは食事としてはあまり良くないものになりかねないため、こういった場合は、嗜好性を高める+栄養素を少し多めに与えるといった目的で、ドライフードにトッピングするといった形で与えると良いでしょう。

嗜好性が高い

缶詰のドッグフードは、ドライフードより嗜好性が高く作られていることが多いため、差し出すと、犬が喜んで食べてくれる傾向にあります。
また、ドライフードをあまり食べない犬に、しっかりと栄養素を摂取して欲しいという気持ちから、トッピングなどをして与える方法もあります。

シニア犬に与えやすい

年齢を重ねることにより、歯周病の悪化で歯がなくなってしまう犬が多くいます。
そもそも犬は、ドライフードをこまかく噛み砕いて飲み込むような性質ではないため、丸のみや少しだけ噛んで飲み込むことが多いです。
しかし、そうなると、歯がない犬にとってドライフードを食べるという事に気が重くなてしまい、食事量が減ってしまうことまおります。
こうしたことのないように、総合栄養食と記載された缶詰のドッグフードを与えれば、安心して必要な栄養素を摂取することが可能になります。

好き嫌いが激しい

好き嫌いが激しく、中にはドライフードに何かをトッピングしないと食べてくれない犬もいるでしょう。
そんな時は、缶詰のドッグフードを与える(それしか食べなくなる可能性もあるため)だけでなく、ドライフードに混ぜたり、おやつの一環として少量を与えるという方法のあります。

缶詰のドッグフードのメリットを生かし、愛犬に缶詰のドッグフードを与えてみてはいかがでしょうか。
Column関連コラム一覧
トップに戻る