業務用ドッグフードのメリット・デメリット

ドッグフードの費用について

犬を飼っていると、必要不可欠なのがドッグフード費用です。
ある調査によると、犬の1ヶ月の食事に関する費用は、平均して5,000円程とも言われているそうです。
これは、あくまで平均的な費用になるため、1回の食事量が多い大型犬ともなると、その費用はもっと高くなってしまうことが想定されます。

業務用ドッグフードのメリット

犬を飼っていると、ドッグフード代を節約したいという思いから、量の多い業務用ドッグフードを購入している飼い主さんも多いのではないでしょうか。
業務用ドッグフードは、量が多いだけでなく価格も通常よりも安いことから、多くの飼い主さんが利用しているとも言われています。
また、最近ではインターネットでも購入できるようになったため、重たい思いをしなくても自宅までドッグフードを届けてくれるという利点もあります。
つまり、少しでも安くドッグフードを買いたい・もしものために、ドッグフードは多めに確保しておきたい・多頭飼いをしていて消費が多いといった飼い主さんには、業務用ドッグフードが適していると言えます。

業務用ドッグフードのデメリット

メリットがあるということは、当然ながらデメリットがあるということを忘れてはいけません。
業務用ドッグフードとは、あくまで【業務用】であることから、商品自体の成分は同じであっても、形がいびつだったり、湿気予防がしっかりとできていないものもあります。
その結果、劣化が早いという問題があるため、多頭飼いで消費が激しいのであれば問題ありませんが、そうでない場合は保管に気を付ける必要があります。

また、業務用のドッグフードを買ってからしばらくは食べていたけれど、好みの関係で急にそのフードを食べなくなってしまうこともあります。
そうなると、せっかく買った業務用ドッグフードも、使い切れなくなってしまうこともあるため、その点は注意が必要です。

業務用ドッグフードを買うなら

もし、多頭飼いではなくてもコスト削減のために業務用ドッグフードを買おうとするのであれば、保管方法に気を付けるようしましょう。
ドッグフードは、空気に触れるたびに酸化が進み、風味が落ちてしまいます。
犬は、嗅覚に敏感な生き物のため、風味が落ちたドッグフードは食べななくなってしまうこともあります。
そのため、業務用ドッグフードを購入したら、できるだけ酸化を防ぐために、密閉容器に小分けにして保存するなどの工夫をすると効果的です。
Column関連コラム一覧
トップに戻る