減塩にこだわったドッグフード

塩分は取りすぎてはいけない?!

私たち人間の間では、健康志向が年々高まるにつれ減塩が話題になっています。
人間にとって、過剰に塩分を摂取するという事は高血圧の原因は腎機能の低下にも影響を及ぼすので注意が必要なのですが、これと同じことが犬にも当てはまります。
つまり、犬も過剰に塩分を摂取することで、高血圧になる他、慢性腎臓病を発症するリスクも高まるのです。

犬の必要な塩分量について

犬にとって必要な塩分量は、1日1kgあたり10~50mgと言われています。
ただ、総合栄養食と記載されたドッグフードを適量毎日与えてい入れば問題ないのですが、+αで塩分の濃いおやつや、適量以上のドッグフードを与えることにより、犬は必要以上に水分を摂取してバランスを整えようとします。
しかし、この行動を繰り返すことにより、血液の量が増えてしまい、結果として心臓に負担が掛かるのです。
心臓への負担は、イコールで腎機能への負担に繋がるため、結果として腎臓病のリスクを高めてしまいます。
つまり、犬の健康を維持するためには、必要な塩分量をできるだけ守る必要があるということです。

減塩にこだわったドッグフードを与えよう

腎機能の低下に関しては、血液検査で診断可能なため、動物病院で実施される春の健康診断などで腎機能を始めとする健康診断をしてもらうのが確実です。
この血液検査で、腎機能に問題がなければとくに減塩にこだわったドッグフードに切り替える必要はありませんが、腎機能の低下が見られた場合は、減塩にこだわったドッグフードに切り替えることをオススメします。
腎機能に配慮したドッグフードであれば、自然と減塩になっているため、ドッグフードも選びやすいでしょう。

残念ながら、一度失われた腎機能は、元に戻すことが出来ません。
つまり、限られた腎機能とうまく付き合っていく必要があるため、腎臓に負担をかけない生活をすることが必要不可欠と言えます。
愛犬の健康を少しでも保つために、減塩にこだわったドッグフードを選んでみてはいかがでしょうか。
Column関連コラム一覧
トップに戻る