4Dミートの含まれていないドッグフードを選ぶ

ドッグフードの原材料について、4Dミートという言葉を聞いたことはありますか? 4Dミートとは、病気や瀕死などの状態のために、もともと廃棄処分として扱われる動物の肉のことです。
聞いただけでもゾッとするかもしれませんが、この4Dミートは、加工された後に、ペットや家畜用の飼料として使用されることもあるのです。
いくら格安のドッグフードだったとしても、そのような原材料が含まれたものを、愛犬には与えたくないですよね。
それでは、4Dミートの含まれていないドッグフードを選ぶためには、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。

1.4Dミートとは

ドッグフードの原材料は、そのほとんどに、人間用の食品基準に満たない廃棄処分レベルのものが使用されています。
そして、それらの原材料は、薬品や人工添加物の投与など、様々な過程を経てドッグフードとして加工されています。
こうした実状が世間にも広まり、ドッグフードの安全性について関心が高まる中、4Dミートという言葉も注目されはじめました。

1-1.どのような肉を使っている?

ドッグフードの原材料表記を確認していて「〇〇副産物」や「〇〇ミール」などの記載が気になったことはありませんか?ドッグフードに含まれるこのような成分は、主に人間用の食肉が加工された後、残った内臓や骨など廃棄処分される部位から作られています。
これらの原材料に、薬品を投与して腐敗を防いだり、人工添加物を加えることで香りや味を調整し、ドッグフードとして加工しています。
4Dミートは、この副産物やミールに含まれている可能性があります。
4Dミートは、病気や感染症で死んだ動物の肉や、瀕死の状態の動物を薬物で安楽死させた肉のことです。

具体的には、4Dとは、Dead(死んだ動物の肉)・Dying(死にかけていた動物の肉)・Disabled(身体の一部に障害のある動物の肉)・Diseased(病気の動物の肉)を意味します。
動物の病気や感染症の種類も様々ですので、体内にがん組織や寄生虫を有していた場合も考えられます。
薬品や人工添加物とともに加工された副産物というだけでも、愛犬にとって健康に良くない印象を受けますが、これがさらに4Dミートを使用して作られた副産物であったとしたらどうでしょうか。
愛犬に与える食事としては、もはや考えられない品質です。

1-2.どのようなドッグフードに使われている?

4Dミートという言葉は、ペットフードの安全性に関する意識が高まる中、注目されているいわば俗語です。
そのため、ドッグフードの原材料表記に、わざわざ「4Dミート」と記載されている商品はありません。
それでは、4Dミートがドッグフードに使われている可能性を、どのように見極めればよいのでしょうか。
一つの目安として、価格が挙げられます。
格安で大量生産されているドッグフードほど、4Dミートを加工して製造されている可能性が高いです。
なぜなら、4Dミートはもともと人間用の商品にならない廃棄物だから です。
そのため、メーカーは家畜業者などから、その廃棄肉を格安で買い取ることができます。
例えば、1kgあたりおよそ500円など格安のドッグフードの原材料を確認してみてください。
格安な上に、具体的な素材の品目が一切記載されていません。
その代わりに副産物やミール、肉骨粉などの表記が並んでいれば注意しましょう。
また、4Dミートの加工過程においては、腐敗を防ぐために、大量の薬品が投入されています。
そして、食いつきをよくするために、人工添加物や香料を加えて濃い味に仕上げているので、そのドッグフードを、愛犬はむしろ美味しそうに食べてしまうかもしれません。
さらに、大量生産と低価格を実現するために、長期保存が可能な合成酸化防止剤が含まれています。
副産物やミールを使用しているドッグフードが、すべて4Dミートを原材料にした粗悪品であるというわけではありません。
しかしながら、愛犬に4Dミートを絶対に与えたくない場合は、低価格のドッグフードをはじめ、副産物や人工添加物ばかりのドッグフードは避けましょう。

1-3.どのような方法で加工されている?

廃棄処分となった動物の肉や、そのほか不要な部位は、レンダリングという方法で加工されます。
熱処理し、粉砕、圧縮することで、ミールや肉骨粉、そして動物性油脂が作られます。
そして、ペットや家畜の飼料や、農業用の肥料として利用されます。
ただし、国内において、牛の場合は死亡した直後に必ずBSE(牛海綿状脳症)検査をし、陽性であれば焼却処分されています。
しかしながら、4Dミートには、BSE以外の何らかの病気や感染症で死んだ動物の肉も含まれます。
いずれにせよ、そのような品質の肉を、ドッグフードの原材料として選ぶことは避けるべきです。

2.安全な品質のドッグフードを選ぶポイント

ペットも大切な家族の一員です。
愛犬に健康で長生きしてもらうためには、安全な品質と栄養バランスを兼ね備えたドッグフードを選んであげたいですよね。
そのためには、飼い主がドッグフードの良し悪しを判断し、自ら見極めることが必要です。
安全な品質のドッグフードを選ぶためのポイントを整理してみましょう。

2-1.必ず原材料表記を確認する

品質が良い安全なドッグフードを選ぶには、「牛肉」「チキン生肉」など、原材料について、具体的な表記があるドッグフードを選びましょう。
原材料表記の内容について、正しく理解し見極めることが、飼い主として愛犬の健康を守るために必要です。
そして、副産物やミールなどと一緒に、着色料や保存料などの人工添加物が多く含まれるドッグフードは注意しましょう。
そのほか「肉類」や「豚、鶏等」のように、曖昧な表記のあるドッグフードも安全とは言い切れません。
ドッグフードは、あくまでも、動物が食べても問題ないとされる基準の下に加工されています。
また、すべての副産物やミールに4Dミートが使用されているわけではありません。
しかしながら、ドッグフードを選ぶ上で、4Dミートを摂取する可能性を避けたいのであれば、このような表記のある商品はオススメできません。

2-2.メーカーの情報を確認する

メーカーのホームページなどを確認し、ドッグフードに対する考え方や生産体制について共感できれば、より安心して愛犬に合ったドッグフードを選ぶことができます。
メーカーの中には、「人工添加物不使用」や「肉副産物を使っていない」と明記しているものがあります。
そのような情報があれば、まず4Dミートは使用していないと考えてよいでしょう。

2-3.安すぎるドッグフードは避ける

ペットフードの安全基準が存在しても、4Dミートが、ドッグフードの原材料として法律的に禁止されているわけではありません。
なぜなら、たとえ原材料が4Dミートであったとしても、あくまでも動物が食べて問題のない品質に加工することができるからです。
そして、メーカーにとっては、4Dミートを使用した方が、一度に大量の副産物を、ドッグフードとして安く加工し販売することができます。
そのため、あまりにも安すぎる価格で店頭に積み上げられたドッグフードは品質に注意しましょう。
4Dミートを使用している可能性が高く、人工添加物や合成酸化防止剤などが大量に含まれているものがほとんどです。
愛犬家としては考え難い現実かもしれません。
しかし、その現実を知ることが愛犬の健康を守るために必要です。
ドッグフードは、単に愛犬の空腹を満たすだけのものではありません。
愛犬が健康で長生きするために、安全で信頼できるドッグフードを見極めていきたいですね。

Column関連コラム一覧
トップに戻る