好き嫌いの激しい犬にしないために

好き嫌いが激しい?!

犬の中には、ドッグフードなら何でも食べる犬と、選り好みをして食べたり食べなかったりと好き嫌いが激しい犬がいます。
なんでも食べてくれる犬であれば、大きな心配はいりませんが、好き嫌いが激しいと、栄養面において心配な面も増えてきます。

実は、ドッグフードの好き嫌いが激しいのには、理由があります。
その理由を理解し、改善を行えば、犬の好き嫌いもなくなる可能性があるのです。

母体にいる時の影響

子犬は、母犬が食べていたドッグフードなどの食事を栄養素として吸収しています。
そのため、自然と胎児もその食べ物を好むようになっているそうです。
つまり、母犬が食べていた食事が好き嫌いの基準になっていると言えます。

ワガママを聞いてしまう

愛犬がドッグフードを食べないと、とても心配になってしまうものです。
少しでもドッグフードを食べないと、飼い主さんは心配になってしまい愛犬にいつもとは違うドッグフードを与えたり、時にはおやつを多めに与えることもあるでしょう。
ただ、【食べないからと言って別のものを与える】という行為は、犬のワガママを聞いてあげているだけであって、犬もそれを学習します。
そうなると、【食べなければもっと美味しいものをくれるようになる】と犬が認識していしまい、結果としてより好き嫌いの激しい犬にしてしまっているのです。

好き嫌いの激しい犬にしないために

好き嫌いの激しい犬にしないためには、犬のワガママを聞かないことです。
例えば、愛犬がドッグフードを残してしまったら、いつまでも置いておかずすぐに片づけてしまいましょう。
もちろん、その際にいつもと違うドッグフードを与えてもいけません。
1日で効果が出ることではありませんが、毎日繰り返し行うことにより、好き嫌いなくドッグフードを食べてくれるようになります。
また、このしつけを行っている最中は、できるだけおやつも与えないようにします。
そうすることで、空腹の時間を増やし、食欲を増進させるのです。

好き嫌いをなくすためには、飼い主さんと愛犬の【我慢比べ】が必要不可欠ですが、決して諦めることなく取り組みましょう。
そうすることで、愛犬の好き嫌いもなくなり、ドッグフードを美味しく食べてくれる日が来るでしょう。
Column関連コラム一覧
トップに戻る