穀物不使用のドッグフードとは

犬は肉食動物?!

犬は、私たち人間同様に雑食動物と言われています。
しかし、犬はかつて群れを作り狩りをして生活をしていた肉食動物です。
それが、長い年月をかけ私たち人間と生活をともにするようになったことで、雑食動物に変化していったのです。
その証拠として、高たんぱくである肉を効率よくエネルギー源として吸収できるようにできるように、犬の腸は短くできていますが、一方で穀物の消化には適していないと言われています。

穀物は犬に合わない

つまり、消化に時間のかかる穀物などの炭水化物は、犬にとっては消化するのに負担のかかる食物であるというこです。
穀物は、炭水化物やたんぱく質としても栄養価が低いため、これらをメインとした食事は、栄養バランスを崩してしまうこともあるので注意が必要です。

また、穀物は、アレルギーの原因ともなるため、穀物を使用しているドッグフードを食べて、皮膚の赤みやかゆみ・顔の腫れ・下痢などの症状が継続して出るようなことがあれば、アレルギー反応の可能性が高いため、与えているドッグフードの使用を中止し、獣医師に相談することをオススメします。

穀物が使用される理由

穀物などの炭水化物は、体内ですぐにブドウ糖に変わります。
また、過剰に摂取したブドウ糖は脂肪分として体内に貯蓄されるのです。
つまり、炭水化物を過剰に摂取すると肥満になるというのは、これが原因なのです。

また、穀物は安値で仕入れできる他、ドッグフードへの加工も簡単であることから、一般に販売されている多くのドッグフードに使用されています。
しかし、ここで注目したいのが、アメリカ飼料検査協会(AAFCO)によると、犬が必要とする炭水化物の最低量は、0であるということです。

穀物不使用のドッグフードとは

以上のような理由から、穀物を使用しないドッグフードが多く販売されています。
穀物は、犬にとって必要不可欠ではない栄養素であり、且つ消化もしにくいため、犬の消化器にとっては負担のかかる食物なのです。
雑食動物とは言われていますが、犬本来の素質を活かすのであれば、穀物を使用しないドッグフードを選ぶ方が、犬にとっては良いこと言えるのです。
Column関連コラム一覧
トップに戻る