骨を丈夫にするドッグフード

骨=カルシウム&リン

骨を丈夫にするには、カルシウムとリンのバランスは必要不可欠です。
つまり、カルシウムやリンを多く摂取させれば、骨が太くなり健康的になると考える飼い主さんも多いのですが、実は、それは間違いなのです。

カルシウムの過剰摂取はNG

カルシウムは、骨を丈夫にしてくれる成分ではありますが、カルシウムの過剰摂取は歯骨の発育に悪影響を与える可能性があります。
例えば、骨折をしたらからと言ってカルシウムを過剰に摂取させると、骨折した骨がいびつにくっつく可能性があります。
また、子犬の場合、筋肉や骨がきちんと発育しなくなり、カルシウムを過剰に与えることで発育不全を起こす可能性もあるのです。
そのため、カルシウムの過剰摂取には気を付けましょう。

リンの過剰摂取もNG

カルシウムとリンは、骨を丈夫にするという意味で常にセットで考えられています。
つまり、カルシウム同様にリンの過剰摂取も健康状態を悪くする恐れがるのです。

そもそもリンは、カルシウムの吸収に必要不可欠なのですが、リンを過剰に摂取すると、カルシウムの吸収を邪魔をしてしまいます。
通常のドッグフードには、バランスよくカルシウムとリンが配合されているため、過剰に摂取させることで、このバランスを乱してしまい、かえって悪循環となるため注意が必要です。

骨を丈夫にするドッグフードとは

それでは、愛犬の骨を上部にさせたいと思ったらどんなドッグフードを与えれば良いのでしょうか。

実は、通常のドッグフードを与えていれば骨の健康も維持できるため問題ないと言われています。
ただ、それでも色々な理由から骨を上部にさせたいと考えている飼い主さんは、関節をサポートしてくれるドッグフードを選ぶと良いでしょう。
カルシウムとリンがバランスよく配合されているため、これなら安心して骨を丈夫にさせてあげることができるでしょう。

愛犬の骨を丈夫にさせたいと思ったら、自己判断でサプリメントなどで増やすのではなく、医師の指示がない限りはドッグフードで調整してあげましょう。
Column関連コラム一覧
トップに戻る