鹿肉のドッグフードのメリット

ドッグフードの主原料がお肉なのは何故か

犬が毎日の食事として摂取するドッグフードのほとんどが、お肉が原材料ということを知っていますか。
犬がまだ野生だった頃、彼らは群れをつくり狩りをして生活をしていました。
つまり、当時は肉食動物だっということです。
しかし、時代が変化するにつれ、私たち人間の身近で生活をするようになった犬は、次第に雑食動物へと変化していったのです。

雑食動物と呼ばれる犬ですが、腸の長さは肉食動物に近く、皮膚や被毛の維持のためにもたんぱく質を多く使うことから、効率良く摂取できるお肉が使用されています。
つまり、犬にとってお肉は、生きていくために必要な原材料のひとつであるということです。

鹿肉が良い理由について

お肉には、牛肉・豚肉・鶏肉・鹿肉・馬肉とありますが、その中でも鹿肉は、他のお肉に比べてメリットが多いと言われています。
例えば、牛肉や豚肉に比べて高たんぱくで低脂肪・低カロリー・鉄分が豊富だったり、たんぱく質が牛肉の1.4倍、資質が1/33と、犬の健康維持に適したにお肉ということが分かります。

たんぱく質は、皮膚や被毛の維持に使用されるほか、筋肉や血液・臓器など体をつくる大切な栄養素として使用されています。
そのため、他のお肉を食べるより、鹿肉を与えた方がメリットが大きく、犬の健康維持に役立つということになります。

鹿肉のここがすごい!

鹿肉は、お肉類にもか関わらずDHAが含まれているため、必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸を豊富に含んでいます。
その結果、肝機能の向上・視力改善・皮膚トラブルの予防・被毛の維持などの効果がある他、食物アレルギーがある犬にも予防効果に期待が持てます。

鹿肉は、清浄肉と呼ばれているお肉のため、寄生虫もいないと言われています。
また、新鮮であれば生でも食べることができることから、愛犬の健康志向の飼い主さんは、鹿肉を選んでいるそうです。

鹿肉を主原料としたドッグフードも多く販売されているので、愛犬の健康を気にしている飼い主さんがいたら、ぜひ一度試してみてください。
Column関連コラム一覧
トップに戻る