小型犬用と大型犬用のドッグフードの特徴

ドッグフードについて

ドッグフード売り場を覗くと、子犬用・成犬用・シニア用の他に小型犬用と大型犬用のドッグフードを見かけることがあります。
年齢別に分かれていいるものは、それぜぞの年齢にあった栄養素が配合さえいるため、基本的にはその年齢に合った食事を与えることが望ましいのですが、小型犬用と大型犬用では一体何が違うのでしょうか。

粒(ギブル)の大きさが違う

小型犬用と大型犬用の最大の違いは、粒(ギブル)の大きさでです。
小型犬は、大型犬と比較しても分かるように、体の大きさだけでなく歯やあごの大きさも違います。
したがって、ドッグフードもそれぞれの体のサイズに合った大きさをしているのです。

摂取カロリーが違う

大型犬を見たことがある人や飼ったことがある人なら分かるかもしれませんが、大型犬は運動量が非常に多いのが特徴です。
それに比べ、小型犬は運動量が少なく散歩にも毎日行く必要がない犬種もいるほどなので、1日に必要とするエネルギー量が異なります。
つまり、大型犬のほうが摂取カロリーが多いことから、ドッグフードもそれに合わせて作られれているのです。
つまり、大型犬に小型犬用のドッグフードを与えると、十分なカロリーを摂取することができなくなり、小型犬に大型犬用のドッグフードを与えると、過剰摂取により肥満に繋がる可能性もあるということです。

それぞれの特徴に配慮している

大型犬は、消化不良が起きやすい犬種として風名です。
そのため、高カロリーや高脂肪のドッグフードは消化不良や下痢を起こすリスクが高まります。
また、小型犬に関してですが、小型犬は関節のトラブルや運動不足による肥満を引き起こす可能性が高いため、栄養素のバランスや成分も大型犬とは少し異なるのが特徴です。

大型犬用と小型犬用の共通点

栄養素の割合は異なりますが、使用されている基本的な栄養素をに関しては、大きな違いはりません。
ただし、栄養素のバランスは異なるため、大型犬には大型犬用を、小型犬犬には小型犬用のドッグフードを与えるようにしましょう。
Column関連コラム一覧
トップに戻る