粗悪なドッグフードって?

ペットショップやホームセンターなどで販売されているドッグフードには、色々なメーカーから豊富な種類のドッグフードが販売されています。
そして、ドッグフードによって価格にも大きな差があることをご存知でしょうか?価格の安いドッグフードを見かけると、ついそのドッグフードに手を伸ばしてしまいがちですが、購入前に原材料をよく見てみて下さい。
もしかするとそのドッグフードは、粗悪なドッグフードと言われているものかもしれません。

ミール・ミート・パウダー・エキスとは

ドッグフードの原材料欄に、「ミール・ミート・パウダー・エキス」と記載されていることがあります。
実はこの表記、私たち人間が食べることは出来ない肉のことで、具体的には下記に挙げる肉のことを言います。

・Dead(死んだ動物)
・Dying(死にかけた動物)
・Disabled(体に障害のある動物)
・Diseased(病気の動物)
これらの肉は、私たち人間用の食肉としては食品基準法で不合格となるため、家畜用に格安で販売されていることが多いのが特徴です。
また、更にコスト削減をするために、毛皮・ひづめ・糞尿なども加工し、原材料の一部として使用していることもあるそうです。

危険な食品添加物の使用

一般的に、ミール・ミート・パウダー・エキスと危険な合成着色料や保存料などの添加物は、セットで使用されていることが多いと言われています。
これは、粗悪な原材料を添加物で美味しくさせているためなのですが、逆を返せば、添加物を使用しないと美味しくないということにもまります。

実は、ドッグフードには私たち人間が口にすることができない添加物が使用されているため、長期に渡り摂取することで健康を害する恐れもあるのです。
そのため、以下に挙げる添加物がパッケージの原材料欄に記載されていたら、注意が必要です。

・亜硝酸ナトリウム
・ソルビン酸カリウム
・プロピレングリコール
これらの保存料には、発がん性があると言われています。
また、酸化防止剤のBHA・BHTや、着色料青2・赤102なども長期に渡り摂取することにより健康を害する可能性があると言われているため、注意が必要です。

粗悪なドッグフードは避けよう!

短期間の摂取であれば問題ないかもしれませんが、粗悪なドッグフードを長期間に渡り与え続けることは、愛犬の健康のためにも良くはありません。
また、最近では、保存料や着色料を使用していないものや、天然の酸化防止剤を使用しているドッグフードも多く販売されています。
大切な愛犬には、いつまでも健康で元気でいて欲しいものです。
愛犬のためにも、価格に惑わされず、ドッグフード選びは慎重に行いましょう。
Column関連コラム一覧
トップに戻る