大麦入りドッグフード

穀物は危険?

ほとんどのドッグフードには穀物が使用されていますが、実は、犬にとって穀物は消化しにくい食物として知られています。
そもそも穀物は、内臓への負担が大きく、摂取量によっては消化不良・下痢・便秘などの症状を引き起こす原因となります。
また、犬によってはアレルギーを発症してしまう可能性もあるため、注意が必要な食物でもあります。

しかし、穀物の中でも大麦は消化されやすい成分が含まれており、穀物を消化しにくい犬にとって負担の少ない穀物として使用されています。

大麦について

消化されやすい大麦は、イネ科の穀物で、食物繊維・ビタミン・ミネラルなどの栄養素を十分に含んだ食材として知られています。
また、大麦に含まれる食物繊維は、水溶性と不溶性のバランスが良いため、腸内環境を整える役割があり、便秘や肥満傾向にある犬にオススメの食材でもあります。
そのため、ドッグフードの中には大麦が使用されたものなども販売されています。

大麦と小麦は何が違う?

大麦と小麦は、多くのドッグフードに使用されているのですが、この2つの穀物、成分は異なるのです。
そもそも麦には、グルテンというアレルギーを起こしやすいたんぱく質が含まれているのですが、小麦に対して大麦はその含有量が少ないため、アレルギーが出にくいのが特徴です。
また、消化率も大麦の方が良いため、穀物が苦手な犬でも体への負担が少なく消化ができます。
こうした点からも、小麦より大麦の方が犬の健康には良いと言えます。

大麦入りドッグフードを選ぶなら

愛犬に大麦入りのドッグフードを与えようと思ったら、以下の点に注意して与えるようにしましょう。

主原料は大麦ではなく肉

大麦は健康に良いと説明しましたが、それでも穀物のため過剰摂取は犬にとって負担になります。
そのため、やはり主原料が肉のドッグフードを選ぶ方が賢明です。

価格に注意

大麦を使用しているドッグフードは、一般的なドッグフードに比べ少し割高な傾向にあります。
そのため、明らかに価格が安いドッグフードは、大麦の質があまり良くない可能性もあるため注意が必要です。
Column関連コラム一覧
トップに戻る