大粒ドッグフードは大型犬用

ギブル(粒)は犬種によって違う

犬には、超小型犬から超大型犬まで犬種により体格も大きく異なり、当然ながらマズル(口)の大きささも犬種により異なります。
そのため、犬種に合ったギブルのドッグフードでなければ、1粒噛むのに時間がかかったり、小さすぎて丸呑みしてしまうといったこともあります。

ドッグフードは、犬種別に販売されていたり、ギブルの大きさが大・中・小などに分かれて販売されていることもあるため、できれば愛犬にあったギブルのドッグフードを選ぶようにしましょう。

大粒ドッグフードの与え方

大型犬には、子犬の頃からギブルの大きいドッグフードを与えた方が良いと思っている飼い主さんも多いでしょ。
しかし、実際は違います。
くら大型犬であるとはいえ、子犬の時は顎の力も十分に発達していないことことから、うまく噛むことができません。
また、子犬は消化器官が未発達のため、ドッグフードを丸呑みしてしまったり、うまくかみ砕くことができなくて飲み込んでしまうと、消化がうまく出来ないことから栄養不足になってしまうこともあります。
そのため、子犬のうちは、ギブルの小さいものを与え、成犬になってからギブルの大きいドッグフードを与えるようにしましょう。
そうすることで、噛む回数や力が増し、消化吸収も良くなるため、結果として健康維持に繋がります。

大粒ドッグフードを与える時期

子犬に大粒のドッグフードを与えることは、成長を妨げてしまう可能性もあるため、成犬になったら、なるべく少しずつドッグフードの切り替えを行っていくと良いでしょう。
また、噛むという行為は、重たい体全身を支える上でとても重要な行為でもあります。
なぜなら、噛むことで筋肉の負荷がかかり、その結果全身を鍛えるということに繋がるからです。
成犬時は、犬の生涯の中で最も長い時期でもあるので、この時期にどんな食事を与えていたかによって、シニア期の過ごし方も変わってきます。
Column関連コラム一覧
トップに戻る