低アレルギーのドッグフードとは

アレルギーとは

私たち人間もそうですが、犬が生きていくためには体の免疫機能の働きはとても重要な役割を担っています。
しかし、この免疫機能が悪い方向に働いてしまうと、皮膚の赤み・かゆみ・顔の腫れといった症状が出ることがあります。
この症状が、アレルギー反応です。
特に犬の場合、与えるドッグフードでアレルギーを発症することが多いので、初め絵充てるドッグフードなどには注意が必要です。

アレルギーを起こさないためには

アレルギーは、だれにでも発症する疾患のため、常に注意する必要があります。
例えば、「去年まで花粉症でなかった人が、今年から花粉症になった」という話をよく聞くことがあります。
これと同じようなことが、犬にも当てはまるため、うちの犬は大丈夫などと過信しないようにしましょう。

アレルギーを起こさないために大事なことは、アレルギー反応を見逃さないことです。
犬は、皮膚にアレルギーの症状がでやすいため、比較的すぐに気づくことができます。
また、皮膚の赤みに気づかなかったとしても、口元の赤みには気づくことができるため、些細な変化も見逃さないようにしましょう。
そして、ドッグフードを食べた後にアレルギーと思われる症状が出たら、動物病院にてアレルギーの検査をしてもらうと良いでしょう。

低アレルギーのドッグフードについて

アレルギーが起こりやすい食材として、小麦・とうもろこし・豚肉・牛肉などがありますが、反対にアレルギーが起きにくい低アレルギーの食材として、ラム肉・鹿肉・魚・野菜などがあります。
とくに、アレルギーがある犬の場合は、ラム肉や魚を主原料にしている低アレルギーのドッグフードが多く販売されているので、原材料をチェックした上で問題なければ、低アレルギーのドッグフードを選ぶようにしましょう。

アレルギーは、一度発症してしまうと生涯付き合っていかなければならない疾患ですが、最近ではアレルギー対応のドッグフードやおやつも多く販売されるようになったので、大きな心配はいらないでしょう。
愛犬にアレルギーの症状が出たら、低アレルギーのドッグフードに切り替えて愛犬の健康をサポートしてあげましょう。
Column関連コラム一覧
トップに戻る