動物病院でもすすめるドッグフード

動物病院で販売されているドッグフード

動物病院で販売されているドッグフードには、一般食と療法食の2つのタイプがあります。
一般食は、どの犬種でも年齢や症状に適合していれば食べることができますが、療法食は、動物病院にて医師が処方するようなものになるため、基本的には動物病院でしか購入することができません。
療法食は、薬とは違いますが、病気の改善や治療を目的として販売されているため、獣医師さんは薬と並行して療法食を推奨しています。

専門の動物病院で販売されているドッグフード

専門の動物病院とは、通常の動物病院のように全部の診療を見るのではなく、ある一定の疾患を専門的に診る病院のことを言います。
例えば、アレルギー専門の動物病院では、その病院が独自に開発したドッグフードなどが販売されていることが多く、症状改善に向けて原材料にもこだわって製造されています。
ただし、通常のドッグフードのように定量生産が不可能だったり、良い原材料を豊富にしようしていることが多いため、ドッグフードの質はとても良いのですが、価格面が少し割高になるかもしれません。

インターネットで推奨しているドッグフード

インターネットを見ていると、【獣医師監修のドッグフード】などといった言葉を見ることが多いのではないでしょうか。
大抵の飼い主さんが、獣医師さんがオススメしいるなら安心という思いから購入することも少なくないのですが、実際には、原材料や添加物が多く使用されていることも少なくありません。
そのため、どんな原材料が使用されえいるかチェックしておくと良いでしょう。

動物病院に相談しよう

動物病院で販売されているドッグフードには種類がたくさんあり、どんなものを愛犬に与えたら良いのか困ってしまうこともあるでしょう。
そんな時は、獣医師さんに相談をして、どのようなドッグフードが向いているのか確認すると良いでしょう。
犬の状態によってオススメのドッグフードを紹介してくれるので、愛犬の健康維持に役立つことでしょう。
Column関連コラム一覧
トップに戻る