半固体のドッグフード

半固体のドッグフードとは

半固体のドッグフードとは、水分含有量が約25~35%のやわらかいドッグフードのことを言います。
また、半固体には以下の2つのタイプがあり、食感が少し異なるのが特徴です。

ソフトタイプ

文字通りしっとりとしたドッグフードです。
製造過程は、ドライフード同様に発砲処理をしているのですが、加工過程の最終段階で、乾燥せず湿潤調整剤を含んでいます。

セミモイストタイプ

ソフトタイプよりもしっとりとしたドッグフードで、製造過程も異なります。
製造工程は、ドライフード同様に成型は行いますが、発砲処理や乾燥はしていません。
また、ソフトタイプ同様に湿潤調整剤を含んでいるため、やわらかい仕上がりになっています。

半固体のドッグフードを与えるなら?

半固体のドッグフードは、子犬や歯がなくなり噛む力が弱くなったシニア犬などに適してします。
半固体のドッグフードは、ドライフードより嗜好性が高い傾向があるため、食いつきも良く消化吸収にも優れています。
そのため、食が細くなった場合など栄養補給をするのに適しています。

子犬やシニア犬には適している半固体のドッグフードですが、成犬には日常的に与えない方が良いかもしれません。
なぜなら、継続的に与え続けることにより、噛む力や消化吸収をする力が弱くなってしまう可能性があるからです。
そのため、成犬に与えるときは、食欲不振の改善や、愛犬とのコミュニケーションの一環として与えるくらいが丁度いいでしょう。

半固体のドッグフードを与える際の注意点

半固体のドッグフードは、嗜好性も高くやわらかい食感で食べやすいのが特徴ですが、一方でフードが歯に詰まりやすいという問題もあります。
歯に詰まったまま放置をしていしまうと、歯石や歯周病の原因ともなるため、食事の後には歯磨きをしてあげるようにしましょう。

また、水分を多く含んでいる分、劣化をするのも早いです。
開封後は冷蔵庫で保管し、なるべく早く使い切るようにすることが大切です。
Column関連コラム一覧
トップに戻る