半生タイプのドッグフード



半生ドッグフードとは

ドッグフードには、ドライフードとウェットフードの2種類があり、水分含有量もドライフードが10%以下なのに対し、ウェットフードは75%程と多いのが特徴でした。
もちろん、数年前まではドッグフードはこの2種類がメインだったのですが、最近になって半生タイプのドッグフードが販売されるようになりました。

半生ドッグフードのメリット

半生タイプのドッグフードとは、簡単に言えば水分含有量を35%程度含んだドッグフードで、ドッグフードがとても柔らかいのが特徴です。
また、ドライフードより水分を含んでいながら、ドライフードの形状をしていおり、その独特の食感を好む犬も多いそうです。
それだけではありません。
歯周病になり歯がなくなってしまった犬や噛む力が弱くなってしまった犬に半生ドッグフードを与えると、食いつきがとても良く、喜んで食べてくれる傾向にあるそうです。
そのため、まだ噛む力が残っていたり、歯は少なくなってしまったけど、まだ形状のあるフードをあげたいと思ったら、無理にウェットフードにせずこうした半生ドッグフードに切り替えるのもひとつの方法かもしれません。

半生ドッグフードのデメリット

新しいドッグフードとしては注目度が高い半生ドッグフードですが、販売されている種類がまだ少ないのが現状です。
そのため、購入できる半生ドッグフードが限られているため、気に入ったフードを見つけられないこともあるでしょう。

また、忘れてはいけないのが添加物使用に関してです。
ドライフードと違い、半生ドッグフードは水分含有量が多いことから、劣化・腐敗のスピードが早いという問題点があります。
つまり、この問題点を解消するために、半生ドッグフードには通常より多くの添加物を使用している可能性が高いということです。
残念ながら、ドッグフードの法律は、私たち人間の食に関する法律と比較するとまだまだ甘く、人間が口にすることができない添加物も、ドッグフードには使用されていることも少なくありません。
こうした点から、添加物の使用は、時に犬の健康を害する恐れもあるのです。
Column関連コラム一覧
トップに戻る