与えるドッグフードのデメリットを知ろう

販売されているドッグフードには、当然ながらメリットとデメリットが存在します。
そして、愛犬にドッグフードを与える上で、この2つは知っておいた方が良い情報と言えるでしょう。

ドライフードのデメリット

ほとんどの犬がメインとして摂取しているのが、ドライフードです。
ドライフードは水分含有量が10%以下と少なく、カリカリとした食感が特徴です。
しかし、水分含有量が少ないが故に、歯が悪いシニア犬や顎の力が十分でない幼犬には食べづらい傾向にあります。
そのため、無理にドライフードを食べさせることは、返って状態を悪くしてしまう可能性もあるため、愛犬の様子を見ながらフードをお湯でふやかすなどの工夫が必要になります。

ウェットフードのデメリット

水分含有量が75%以上のウェットフードは、犬が好む食感と高い嗜好性で食欲が低下している時などに大活躍してくれます。
しかし、ウェットフードは水分が多く含まれている分、他のフードに比べ痛みやすい傾向にあります。
そのため、開封したら2日以内に使い切るのが理想で、しっかりとラップなどに包んで冷蔵庫で保存する必要があります。
本来であれば2日以内に使い切りたいところですが、万が一使い切れない場合は、開封してすぐに、使用する分を小分けにして冷凍庫で保管すると良いでしょう。

また、嗜好性が高い分、ウェットフードばかり日常的に与えてしまうと、ドライフードを食べなくなってしまうこともあるので注意が必要です。

セミモイスト(半生タイプ)フードのデメリット

セミモイストフードは、水分含有量が25~35%ほどのフードで、硬すぎず柔らかすぎずといった独特の食感をしています。
ウェットフード同様に嗜好性が高いため、好んで食べることが多いと言われていますが、セミモイストフードばかり与えてしまうと、ウェットフード同様にそれしか食べなくなってしまうこともあるので、上手く使い分けした方が賢明です。
また、柔らかいものは歯に付着しやすいため、ドライフードに比べ歯のトラブルが多い傾向にあります。
セミモイストタイプ(ウェットも同様に)のフードを与える際は、食後の歯磨きを怠らないようにしましょう。

このように、ドッグフードには上記に挙げたデメリットが存在します。
ただ、デメリットを分かっていれば、それに対する対処をすれば良いだけです。
愛犬の健康を維持するためにも、デメリットをなくしてより良い生活を送れるようにしてあげましょう。
Column関連コラム一覧
トップに戻る