冷凍ドッグフードのメリット



冷凍ドッグフードとは

冷凍ドッグフードと聞くと、いつも愛犬に与えているドライやウェットなどのドッグフードを冷凍させたものと思いがちですが、実は違います。
冷凍ドッグフードとは、調理後に急速冷凍したドッグフードのことで、使う分だけ解凍して与えることができるのです。

解凍方法も様々で、湯煎・電子レンジ・スチーム・流水・自然解凍といった方法があり、形状もドッグフードの種類によって様々です。

冷凍ドッグフードのメリットとは

冷凍ドッグフードは、調理後に急速冷凍をするため、保存料・防腐剤などの添加物の使用が通常のドッグフードに比べて少ないのが特徴です。
また、急速冷凍には真空パックを用いるため、ビタミンなどの栄養素がキープできる他、フード自体が酸化することなく鮮度を保つことが可能です。

そして。
気になるのが賞味期限です。
保存料や添加物の使用が少ないと、賞味期限が気になるところですが、冷凍ドッグフードはその多くが製造日から6か月程あるため、多少のまとめ買いをしても安心です。

冷凍ドッグフードのこだわり

冷凍ドッグフードは、保存料や添加物に使用の有無に限らず、食材にもこだわっているものが多いのが特徴です。
通常だと、多くのドッグフードには私たち人間が食べることが出来ない原材料が使用されていることが多いのですが、冷凍ドッグフードは、ヒューマングレード(人間が食べることが出来る)の食材にこだわっています。
そのため、国産の若鶏や野菜、油脂といったこだわりの原材料を使用しているのです。

こんなに食材にもこだわりながら、賞味期限や鮮度も維持できるのは、冷凍ドッグフードだからこそ実現できるものでもあります。
手作りドッグフードは、栄養面を考えると手間もかかるため、どうしても通常のドッグフードを購入してしまいがちです。
価格も通常のドッグフードと比較すると割高ではありますが、記念日など特別な日に、ごちそうとして与える方法も良いかもしれません。
Column関連コラム一覧
トップに戻る