アレルギー対策に手作りドッグフード

今やほとんどの犬が何等かのアレルギーを抱えています。
アレルギーを発症すると絶え間ないかゆみや過剰な脱毛に悩まされ、長期間の服薬や食事療法が必要になることもあります。
そのような深刻なお悩みの解消にはドッグフード食から手作り食に切り替えるという方法も大変効果的です。

1.アレルギー源の特定を行う

愛犬のアレルギー症状をより確実に改善するためには、無暗に手作り食を始める前に動物病院で血液検査を受け、愛犬のアレルゲンを特定しておくことが必要です。
この時、今後の手づくり食で活用する事が考えられる様々な食材や、食器などに使用されている金属に関しても併せて検査を受けましょう。
犬のアレルギーは様々な理由があり、動物性タンパク質以外にも果物や豆類、イモ類に反応を示すこともあります。
どのような物質が愛犬に不調をもたらしているかを把握しつらい症状の軽減に取り組んであげましょう。
最初はアレルギーの検査をした病院で獣医に相談してください。

2.手作りドッグフードに挑戦してみよう

ほとんどのドッグフードで使われている原料がアレルゲンだった場合、食べられるドッグフードが限られてしまいます。
また、長期間の服薬やサプリメントの利用、療法食など試行錯誤を繰り返してもアレルギー症状が改善されない場合もあります。
そんな時は、人間の食材を活用した手作り食という選択肢も考える必要があります。

2-1.手作りドッグフードを作るメリット

手作り食に取り組むメリットは、

  • ・良質な素材で食事を作ることができる
  • ・愛犬の体調、体質にあった献立を考えることができる
  • ・アレルゲンや添加物など愛犬の健康に好ましくない成分を排除することができる
  • ・食費を節約することができる
  • ・愛犬の好き嫌いや食欲不振の解消に効果がある

などが挙げられます。
中でも、アレルギーの原因となる物質を完全に除去することができるという点は最大のメリットといえるでしょう。

2-2.手作りドッグフードを作るデメリット

手作りドッグフードにもデメリットがあります。

  • ・知識なしで栄養バランスを取ることが難しい
  • ・手間がかかる
  • ・市販のドッグフードに戻れない可能性がある
  • ・虫歯になりやすい(デンタルケアが必要)

特に「栄養バランスを取る」ことの難しさは非常に大きいです。
中途半端な知識で手作り食を与え続けると栄養が偏ってしまい、別の病気を引き起こしてしまう恐れさえあります。
愛犬のために手作り食を始めたいという方は、まずは獣医や犬に詳しい方と相談しましょう。

2-3.手作り食におすすめの食材

手作り食におすすめの食材を紹介します。
なお、こちらで紹介されていても、アレルギーの原因物質の場合は、絶対に使用しないでください。

2-3-1.タンパク質源

鶏肉(ササミ、胸肉、もも肉)、赤身の牛肉、豚肉(火を通したもの)、馬肉、ラム肉、白身の魚、サーモン、カッテージチーズ等

2-3-2.炭水化物源

白米、大麦、じゃがいも、さつまいも等

2-3-3.食物繊維

キャベツ、にんじん、ブロッコリー、かぼちゃ等

3.手作り食はアレルギーを完治するわけではない

食べられるものに限りがある愛犬でも、美味しいものを食べさせてあげられることができるのが手作り食の一番のメリットです。
しかし、犬のアレルギーは食事療法や服薬で症状を軽減することはできても、一旦発症した症状を完治させることはできません。
症状が落ち着いている時でもアレルゲンとなる物質を摂取すれば途端に発症します。
手作り食を与えているからといって、アレルギーが完治することはほぼありません。
アレルギーとの付き合いは生涯続くと考えておきましょう。

Column関連コラム一覧
トップに戻る