犬の体調とドッグフード

ドッグフードは愛犬の健康に良い影響も悪い影響も与えるものです。
愛犬の健康や長生きには日々の食事が深く関係しています。
正しいドッグフードの知識を身に付けておくと、将来のシニア期を意識した食生活を送る事が出来るでしょう。

1.ドッグフードで悪化する健康状態

ドッグフードの品質は様々あり、必ずしもすべてが良質で犬の体に安全な製品とは限りません。
犬は常に空腹感をもつ脳の作りをしているので、たとえ健康に好ましくない成分が配合されているドッグフードでも目の前におかれるとつい完食してしまうものです。
ドッグフードによる不調には速効性がなく、長い年月かける事で起こります。
その為、具体的な原因となった製品や原材料の特定が難しいのです。
まずは、質の悪いドッグフードを食べ続けることによって、どんな体の不調が起こるかを知っておきましょう。

1-1.アレルギー

アレルギーとは、本来なら無害な物質に体の免疫機能が過剰に反応してしまい、様々な症状が出てしまうものです。
皮膚炎や下痢など気になる症状が出ているけれど異常は特に見られないという場合は、ドッグフードアレルギーを疑った方が良いでしょう。
アレルギーの原因物質のことをアレルゲンといいます。
アレルゲンが含まれるドッグフードを食べてしまうと、アレルギー症状が出ます。
アレルギーを防ぐためにはアレルゲンを特定し、アレルゲンが含まれていないフードを選ぶ必要があります。
アレルゲンは個体によって様々ですが、特にアレルギーが起こりやすいと考えられているものが、肉類や穀物、添加物です。

1-2.下痢や便秘

食べたドッグフードが胃や腸でうまく消化できないと、下痢や便秘になります。
消化器官の異常の他に、ドッグフードの原料が体質に合わないことで起こります。
この他に水の飲み過ぎや、ウェットフードばかり食べていると下痢になりやすくなります。
反対にドライフード主食で水の摂取量が少ないと便秘気味になります。
今与えているフードが体質的に合わないからといって、いきなりフードを変えてしまうことだけは避けましょう。
新しいフードに体がびっくりしてしまい、逆に消化不良で下痢や便秘になってしまうことがあります。

1-3.皮膚炎

肌や被毛は愛犬の健康状態を見るのに非常に重要な部分です。
皮膚や毛はタンパク質からできています。
食事からのタンパク質の摂取が不足してしまうと、皮膚でタンパク質が十分に合成されず、皮膚炎として現れてしまうことがあります。
タンパク質不足の他に、皮膚の病気やアレルギー、消化不良が原因で起こることもあります。
病気が原因でなければ、ドッグフードに原因があると考えましょう。

2.体調に影響する可能性のある原料

アレルギーや下痢など体質による不調に悩む愛犬にとって、食事の原材料はとても気になる事です。
でも発症リスクが低いとされる素材を選んでいてもなかなか症状が改善しない、服薬が途切れないなどのお悩みが増えています。
このような問題が起こる時は、下記の原材料の配合を見落としている可能性があります。

  • ・トウモロコシ
  • ・コーングルテン
  • ・コーンパウダー
  • ・大豆
  • ・植物性タンパク質
  • ・過剰な動物性油脂
  • ・穀類
  • ・原材料を特定出来ない素材

これらの素材はドッグフードに多用される事があり、消化不良を引き起こす原因になりがちな素材です。
ドッグフードを選ぶ時は、パッケージ表面に書かれた大きな表示項目だけでなく、原材料表示欄をしっかりと確認し、上記の素材が過剰に含まれていないことを確認しましょう。

2-1.添加物には特に注意

ドッグフードに当たり前のように使われている添加物が、犬の体調に大きな影響を与える可能性があります。
ドッグフードに配合されている有害な保存料や着色料、化合物などは一食辺りの接取量は微量です。
しかし、数か月、数年という長い年月接取し続ける事で次第に愛犬の体の中に蓄積されていき、ある日突然アレルギーなどの症状となって現れます。
さらには、癌が引き起こされることまであります。

3.体調の変化が出るには時間がかかる

ドッグフードの切り替えで愛犬の体調が好転するまでには、数か月から半年程かかる事もあります。
焦らずゆっくりと体質改善に取り組み、日々健康的な生活を心掛けてあげましょう。
若く健康なうちは目立つ不調や癌の発症がみられなくても、与えるフードによっては必ずしも将来まで健康でいられるわけではありません。
愛犬の健康、長生きのためには若く健康な時期から、良質で安全なドッグフードを選び、服薬や治療の頻度を減らすことができるように食事面の管理を続けて上げましょう。

Column関連コラム一覧
トップに戻る