コストパフォーマンスでドッグフードを選ぶ

愛犬の健康によいドッグフードを選ぶためには、原材料や品質についてしっかり確認することが大切です。
そして、ドッグフードを選ぶうえで、価格も大きなポイントになりますが、安すぎても品質が心配ですし、高すぎても食べてくれなければ意味がありません。
そこで、愛犬の健康によく、コストパフォーマンスにも優れたドッグフードを選ぶポイントを紹介します。

1.安すぎるドッグフードの理由は?

安いドッグフードには、どんなイメージがありますか?

  • ・品質がよくない
  • ・美味しくなさそう
  • ・原材料にどんな食材が使われているのか分からない
  • ・人工添加物が多い
  • ・長持ちする、腐らない

ホームセンターなどの店舗で一般的に見かけるドッグフードは、安いもので1kgあたりおよそ300円の格安品から、1kgあたり1000円前後のものまで、種類も価格も様々です。
一方で、インターネットや限られた店舗のみで販売されている、無添加ドッグフードや手作りドッグフードは、1kgあたり2000円~4000円前後で販売されています。
ドッグフードとしては高額な印象を受けますが、品質にはこだわりを感じますよね。
ドッグフードの価格の違いは品質の違いです。
安すぎるドッグフードは愛犬の健康にとって好ましくない品質のものがほとんどです。
愛犬家としては残念なことですが、愛犬の健康を第一に考えてドッグフードを製造しているメーカーばかりとは限りません。
どうせ動物のエサなのだから、安ければ安いほどよいのではないかという考え方も、日本ではまだ珍しくありません。
それでも、愛犬も家族の一員であり、いつまでも健康で長生きしてほしいと考える飼い主さんには、まずドッグフードの原材料と品質をしっかり確認することをオススメします。
そのうえで、同じような品質のドッグフードと比べてコストパフォーマンスもよさそうだと納得できれば、愛犬にとってもお財布にとっても優しい選択につながるはずです。

1-1.安さの理由その1. 穀物中心の原材料

ドッグフードのパッケージに記載されている原材料表示は、含有量の高いものから順に記載されています。
そのため、まず飼い主さんがドッグフードについて確認すべきポイントは、原材料表示のトップに表記されている食材です。
格安ドッグフードの原材料表示を確認してみると、トウモロコシや小麦などの穀物類がトップに記載されているものがほとんどです。
トウモロコシも小麦も、人間が食べる食材ですし、問題はないような印象を受けるかもしれません。
しかし、穀物中心の食事は、実は愛犬の健康にとって優れた選択とはいえないのです。
なぜならば、犬の健康にとって最も必要な栄養素はタンパク質だからです。
犬の三大栄養素は、タンパク質・炭水化物・脂質です。
その中でも、タンパク質は犬の丈夫な筋肉や美しい毛並み、そして免疫力の維持に最も重要な成分です。
そして、その成分は肉や魚などの動物性タンパク質から摂取することができます。
そのため、愛犬の健康を維持するために理想的なドッグフードの原材料は、肉や魚を中心とした動物性タンパク質が豊富なものを選ぶことが大切なのです。
一方で、穀物が中心のドッグフードは、愛犬の消化器官に負担をかける場合があります。
もともと、犬の体には穀物を消化するための酵素が少ないため、消化不良を起こしやすく、下痢や便秘の原因になります。
また、小麦は犬にとってアレルギーになる可能性が高い食材です。
皮膚を頻繁に痒がったり、下痢や嘔吐が続く場合は、穀物アレルギーの可能性が考えられますので、獣医師に相談することをオススメします。
メーカーとしては、穀物を中心にドッグフードを製造することで、カサ増しが期待できますので、その分安く大量に販売することが可能です。
また、日本ではペットフード安全法※により、ドッグフードの栄養基準値が示されていますが、メーカーがその基準値を満たしていれば、主原料が穀物であっても肉であっても販売は可能なのです。

※ペットフード安全法:平成21年に施行された、ペットフードの安全性を確保するための法律。

1-2.安さの理由その2. 副産物と人工添加物で栄養基準値を補っている

安価なドッグフードの原材料として多く使用されているのが、副産物と人工添加物です。
副産物:〇〇ミール、〇〇副産物、〇〇エキス、〇〇類、肉骨粉、動物性油脂など 人工添加物:保存料、着色料、香料、乳化剤、BHT、エトキシキンなど これらの成分は、ペットフード安全法の栄養基準値に則り、動物の体に問題がない範囲で添加されています。
しかし、副産物の原材料の中には、病気や瀕死などの状態のために、もともと廃棄処分として扱われるはずだった動物の肉が含まれている可能性もあります。
そのような廃棄肉は、人間の食肉としてはもちろん使用できません。
その代わりに、メーカーが格安で購入し、副産物として加工することで、ペットフードや家畜の飼料として販売されます。
これが、安さの理由の一つです。

副産物は、もともと原材料の品質が劣悪のため、大量の薬品で殺菌し、人工添加物で香りや味を濃くしています。
このような成分が、長年愛犬の体に蓄積されることで、アレルギー症状や様々な体調不良を引き起こす可能性は高まります。

2.愛犬の健康を考えれば安いと思えるドッグフードを選ぶ

値段も大事ですが、やはり愛犬の健康が一番ですよね。
格安ドッグフードと比べれば、高額に思えるドッグフードでも、愛犬の健康が維持できると思えば安いものかもしれません。
安いからといって、健康によくない食事を続けた結果、治療費や通院費にお金を使うことになれば、コストパフォーマンスを優先した意味もなくなってしまいます。
何より、愛犬が可哀想ですよね。
愛犬の健康のために、ドッグフードはコストパフォーマンスだけでなく、原材料や品質のよさ、メーカーの信頼性などを合わせて見極めることをオススメします。

2-1.原材料は肉や魚が中心であること

ドッグフードの原材料は、愛犬の健康維持にとって最も必要な栄養素である、動物性タンパク質が中心のものを選びましょう。
牛肉、鶏肉、サーモンなど、具体的な食材の名称が最初に表記してあれば、そのドッグフードは動物性タンパク質を中心に製造されていることが分かります。
また、何の肉かが明確なことで、愛犬にとってアレルギーの対象となる食材が入っていないか確かめることができます。

2-2.栄養バランスがよく、人工添加物を使用していないこと

主な原材料のほかに、どのような成分が配合されているか確認しましょう。
副産物や人工添加物により栄養成分のほとんどが補われているドッグフードは、摂取し続けることで、アレルギーや内臓疾患などの体調不良を引き起こす原因になります。
愛犬の健康によいドッグフードを選ぶためには、野菜や果物、海藻、ハーブなど、なるべく自然食材に由来した栄養成分 が、バランスよく配合されているものがオススメです。
また、酸化防止剤などドッグフードの品質を保つために必要な成分についても、天然由来成分を使用していると安心です。

2-3.愛犬が消費できる量を購入すること

コストパフォーマンスを考えると、ついついまとめ買いしてしまうこともあるかもしれません。
その前に、賞味期限はいつまでか、期限内に愛犬が食べきれる量かどうかを確認しましょう。
特に、原材料の品質にこだわったドッグフードは、合成酸化防止剤を使用していないものがほとんどです。
その代わりに、ローズマリー抽出物やビタミン類など、天然成分由来の酸化防止剤を使用している場合があります。
天然成分由来の酸化防止剤は、合成品よりも賞味期限が短くなっています。
開封後おおよそ1ヶ月~3ヶ月以内に消費することを推奨しているメーカーがほとんどですので、購入前に確認することをオススメします。

2-4.パッケージデザインの簡易化などでコストパフォーマンスを実現して

いること

品質のよいドッグフードをより多くの愛犬へ届けるために、パッケージのデザインを簡易化することで製造費用を抑えるなど、企業努力により商品の価格ダウンにつなげているメーカーもあります。
また、大型小売店がプライベートブランドを作ることでコストパフォーマンスを実現しているものもあります。

Column関連コラム一覧
トップに戻る