メーカーごとにどう違う?

今や様々なドッグフードが販売されています。
一体何を選んでよいのか悩んでしまいますね。
私たち日本人は、日本製品に対する信奉が強くあります。
ドッグフードにおいても日本のメーカー品なら安心と思って購入する人も多いはずです。
ペットフード安全法が施行されて以来、ペットフードに対する基準は明確になり、メーカーや販売業者に対する規制は強化されました。
しかし、その基準はペット先進国である欧米と比較するとまだまだ緩いのが現実です。

特に注意したいのが、ホームセンターなどで販売されている格安ドッグフードです。
格安の理由は、原材料の安いトウモロコシや小麦などの穀類がメインになっているからです。
このようなドッグフードは愛犬のアレルギーを引き起こす要因になるので注意しましょう。

大手メーカーのドッグフードには、BHAやBTHなどの添加物が使用されているものもあります。
基準量よりも少なくはなっていますが、長い期間与え続けると影響が出てくる心配もあるので、避けた方が無難です。
メーカーによってドッグフードの味付けも異なっています。
ワンちゃんの食いつきが良い匂いや色を加えているものも少なくありません。
ここで、注意したいのは合成着色料です。
日本では認可されているものでも、海外では発ガン性が疑われているのもがあるので要注意です。

では、欧米メーカーのドッグフードは安全かと言うとそうではありません。
特に「並行輸入品」は、雑貨と同じ扱いで船便で運ばれてくるので、保存状態に不安があります。
海外のドッグフードを購入するなら、必ず「正規品」を購入しましよう。
ドッグフードには、「子犬用」「成犬用」「シニア用」など年齢別のものや、「トイプードル用」などの犬種別のものもあります。
犬種別フードについての参考URL
http://www.1halloween.net/html/costume.html#contents

愛犬には、それぞれ嗜好や体質があります。
品質の良いドッグフードを選択することは大切ですが、品質が良くても原材料が愛犬に合わない場合もあります。
まずは、与えてみて様子を見て、合わない場合は違いドッグフードに切り替えることも大切ですね。