ドッグフードに使用されている着色料

食品の多くに使用されているのが、「着色料」です。
着色料の目的は、「食品を美味しそうに見せる」ことです。
くすんだ色のお肉よりも色鮮やかなお肉の方が食欲をそそりますよね。
同様にドッグフードにも着色料が使われています。

しかし、ワンちゃんの場合、色があるかどうかで食欲は変わりません。
犬の食欲を刺激するのは、匂いであって色ではありません。
犬は色を認識する能力が弱いのです。
では、なぜ着色料を使用するのでしょうか?

答えは簡単です。
飼い主に買ってもらいたいからです。
飼い主が美味しそうに感じるように着色しているのです。
販売のための工夫として納得はできますが、問題は愛犬の健康を害する可能性が着色料が存在するということです。
着色料は、天然着色料と合成着色料があります。
天然着色料は自然の素材から抽出したものですから、健康を害する心配はありません。
しかし、コストが高くつくのでドッグフードにはほとんど使用されていないのが現実です。
ほとんどのドッグフードに使われている着色料は、化学合成で作られた合成着色料です。
「赤色○号」「青色○号」などのように、色と番号で表示されています。
一方天然着色料の場合は、「○○エキス」など原材料がわかるように記載されています。

日本では使用が認められている合成着色料でも海外では認められていないものも少なくありません。
例えば、「赤色3号」は石油からつくられた「タール色素」で、かまぼこや福神漬けに使用されています。
発ガンのリスクが懸念され、アメリカ、ドイツ、ポーランドでは食品の使用が禁止されています。
また、ソーセージなどに使われている「赤色102号」は、カナダ、アメリカ、ベルギーでは使用が禁止されています。
その他にも、駄菓子などに使われている「赤色40号」はアレルギーの危険性が、練り製品に使われる「赤色105号」では、染色体異常や発ガン、アイスクリームなどに使われている「青色2号」は、発ガンやけいれんが指摘されています。

見た目が美味しそうに感じても愛犬には関係ありません。
本気で愛犬の健康を願うのなら合成着色料には注意したいものですね。
参考URL
http://xn--qckubrc3d4m.cc/01.html
上記サイトでも書かれているように、ドッグフードの安全基準は人間の食べ物に比べ緩いのが現状です。
価格帯だけで選ぶことはできませんが、安価なドッグフードには粗悪な材料が使われているケースが多いため安すぎる商品はやめたほうが良いといえます。