栄養不足による影響

価格や商品のイメージ、愛犬の好みを重視してしまい、栄養面や原材料への注意を怠ると、愛犬が慢性的な栄養不足に陥ってしまうことがあります。
一見元気もあり、食欲も旺盛で体重も標準的な場合だと、つい栄養不足という症状は縁遠く感じてしまうものです。
愛犬が発する栄養不足のサインを見逃さないよう考えてあげましょう。

1.栄養不足で見られる症状

栄養不足になると体が痩せ衰えるというのは、なんとなく想像がつくことでしょう。
この他にも栄養不足によって起こる症状はあります。

  • ・筋肉が衰える
  • ・内臓機能の低下
  • ・毛艶が悪くなる
  • ・被毛の量が少なくなる
  • ・歯が抜ける
  • ・免疫力の低下
  • ・子犬の発達不良

もし、愛犬に上記の症状が見られたら、栄養不足が原因かもしれません。
しっかり栄養が摂れているか日々の食事を見直してみましょう。

2.栄養不足の原因

犬の栄養不足には、いわゆる栄養失調のパターンもあれば、日々食事はしているものの必須栄養素が不足しているパターンがあります。
必須栄養素が不足している状態とは、言い換えると摂取栄養素に偏りがある状態です。
一見健康を維持できているように思えても、ふとしたタイミングで体調を崩すと回復までに長い期間を要したり、次から次へと不調が重なったりなど途端に深刻な状態に陥ります。
犬がこのような状態に陥る原因は日々の食事です。
食事に犬の必須栄養素が十分な量配合されていないと、栄養不足の症状が起こってしまうのです。

2-1.穀物メインのドッグフード

市販のドッグフードの中には、コストを抑えるために穀物を主原料にしたものも販売されています。
実は、この穀物こそが犬の栄養不足の原因なのです。
犬は、必須栄養素の中でも動物性タンパク質を最も多く摂取しなければならない体の構造をしています。
穀物を主原料とし、動物性タンパク質を配合していない、もしくは微量しか配合していないドッグフードを食べ続けた場合、気がつけば慢性的なタンパク質不足が体内で起きています。
タンパク質は筋肉や血液、被毛を作りだすのに必要な栄養素です。
不足すると毛並みの悪化や筋力の低下などの症状が現れます。
穀物メインのフードでは全く足りませんので、肉や魚など動物性タンパク質がメインのフードを選んでください。

2-2.必須脂肪酸の不足

皮膚や被毛に現れる異変は、必須脂肪酸の慢性的な不足状態から起こります。
犬はオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸という2種類の脂肪酸を食事から接取し続ける必要があります。
適量を摂取することで、皮膚被毛の健康を維持できます。
この脂肪酸は肉や魚に含まれるものと、オリーブ油やひまわり油など植物性油脂に含まれるものがあります。
大抵のドッグフードは肉や魚の脂肪酸は十分な量配合されていますが、植物性の脂肪酸の配合量が少ない、もしくは全く配合されていないことがあります。
こういったフードを食べ続けていると、必須脂肪酸の接取不足になって皮膚や被毛に様々なトラブルが起こるのです。

2-3.ライフステージに合わない食事

ライフステージでは成長期に当たる子犬の時期は、成犬の時期に比べるとより多くの栄養とカロリーを必要とします。
「子犬用」や「パピー用」と書かれたドッグフードは、子犬が成長のために必要な栄養素が摂取できるように、成犬用のフードよりも高栄養に作られています。
子犬であるにも関わらず、成犬用のドッグフードを与えていると、十分な栄養素が摂取できません。
成長期に十分な栄養が摂れないと栄養失調になり、体の発育にも悪影響を及ぼします。
また、極端に栄養が不足していると、最悪の場合低血糖を起こして死に至ることもあります。
子犬の時期は、特に栄養不足にならないよう与える食事には十分に気を付けてください。

3.食事の見直しは早期の開始を

すこしでも不安がある方は、すぐにでも愛犬が日々食べているドッグフードのパッケージを確認しましょう。
必須栄養素である動物性タンパク質が十分に配合されているか、健康に好ましくない成分が配合されていないか、チェックしてください。
若く健康なうちはどのような栄養状態であってもさほど不調が生じなかった愛犬も、高齢になることで次第に様々な不調が目立つようになります。
栄養不足の影響はシニアになってから目に見えて現れるのです。
そうならないように、少しでも栄養が足りていないと感じたら、早いうちからドッグフードの切りかえましょう。

Column関連コラム一覧
トップに戻る