おやつにどんなものを与えるべき?

ワンちゃんの「ご褒美」として与えるおやつのドッグフードにも様々な種類があります。
ガムタイプのものやクッキー・ビスケットタイプ、ジャーキーやささみ、チーズタイプなど数え切れないほどのおやつが販売されていて、何を選んだら良いか迷いますよね。
基本的におやつは、主食ではないので、愛犬の好みに合ったものを選べば良いでしょう。
但し、カロリーはきちんと把握しておきましょう。
愛犬に与える1日のカロリーを500kcalに決めているのなら、おやつで取ったカロリー分は引いて与えるようにします。
1日の主な栄養はドッグフードからとるのが基本です。
おやつが好きだからと言っておやつを基本にしてはいけません。
栄養のバランスが崩れて、肥満の原因にもなります。

おやつだからといって油断は禁物です。
おやつの中にも粗悪品は少なくありません。
特に価格が安いものには愛犬の健康を害する原材料が含まれているものがあるので要注意です。
多少価格が高くても天然の素材を使用したものを選ぶようにしましょう。
さらに無添加のものであればベストです。

また、歯磨き用のおやつとして販売されているガムの場合、キシリトールを含んだものは避けましょう。
キシリトールというと歯の健康に良いイメージがありますが、犬にとっては毒でしかありません。
糖分や塩分の多いようなおやつも良くありません。
煮干を愛犬にあげる人がいますが、料理に使う煮干は塩分が多くなっています。
人間用のものを愛犬に与えるのは厳禁です。
便秘の時など、ヨーグルトをティースプーン半分ぐらいあげると効果があります。
但し、無糖のプレーンヨーグルトを選択して下さい。
ワンちゃんによってはヨーグルトが合わないこともあるので、様子を見ながら与えるようにしましょう。
おやつは食事ではないので、色々なものを試す必要はありません。
大切なのは愛犬の嗜好や体質を考えて選ぶことです。
また、与える量が調整できる小粒のものが便利です。
ご褒美として与えるのには、数回に分けて与えるのが効果的です。

おやつは、必ず必要なものではありませんが、愛犬のしつけには必要なドッグフードです。
いつも与えるドッグフードと違って量も少なくて済みますから、多少値段が高くても高品質のおやつを選ぶようにして下さい。