ちゃんとした肉の入っているドッグフードを選ぶ

愛犬にとって、安全で良質な肉の入っているドッグフードを選ぶためには、原材料をしっかりと確認することが大切です。
数多くの商品を目にするなかで、ドッグフードのパッケージに記載されている原材料の表記に疑問を感じたことはありませんか? 一見美味しそうなお肉の写真やイラストのパッケージで、愛犬も喜んでくれそうですが、「肉副産物」「ミートミール」など、曖昧な表記に戸惑った経験のある飼い主さんも多いのではないでしょうか。
ただし、このような表記のあるドッグフードが、すべて粗悪品であるというわけではありません。
しかしながら、このような表記のあるドッグフードのほとんどが、注意すべき原材料をもとに加工されています。
手に取った商品は、愛犬の健康にとって、本当に安心できる品質の肉が入っているドッグフードなのか、とても気になりますよね。
そこで、ちゃんとした肉の入ったドッグフードを見極めるポイントを、一緒に確認していきましょう。

目次

  • 1.成分表記の内容を確認する
  • 2.4Dミートの危険性
  • 3.安心できる良質な肉を選ぶ
  • 1.原材料表記の内容を確認する

    まず、ドッグフードの原材料で見かける「肉副産物」「肉類」「ミートミール」などの表記は、一体どんな内容を意味するのでしょうか。
    ペットフードの栄養基準について、ガイドラインを提示しているAAFCO(米国飼料検査官協会)が、肉副産物やミートミールの内容物について基準を示しています。

    1-1.具体的に何肉が入っているか?

    牛肉、ラム肉、チキンミートなど、具体的な表記があるものが、ドッグフードに含まれる肉の原材料としては最も安全です。
    ドッグフード用に加工される肉は、動物の正常な筋肉組織を使用しており、人間の食用肉のように、肉に付随する皮膚や神経、脂肪も含みます。
    ただし、骨は含まれません。
    そして、文字通り、表記のある特定の動物の肉だけを使用していることを意味しています。
    原材料の表記は、最も含有量の多い成分から順に記載されています。
    具体的な肉の表記がトップに記載されているかどうかが、安心できるドッグフードを判断するために、ひとつの大きなポイントとなるのです。

    1-2.副産物が体によくない理由は?

    「肉副産物」「家禽副産物」などの表記がある場合は、注意が必要です。
    副産物の原料となるのは、動物の内臓と骨、つまり筋肉組織以外の大部分です。
    本来なら野生の犬は、獲物を捕らえたら、肉だけでなく内臓や皮ごと食らいつくほうが自然です。
    それに、内臓にも栄養は豊富に含まれています。
    このような観点においては、副産物が一概に犬にとって危険な食品とは限りません。
    それでは、どんなところが犬の健康にとって好ましくないと考えられるのでしょうか。
    要因は、副産物の原材料となる成分の品質と加工過程にあります。
    AAFCOの基準によると、副産物に含まれる動物の内臓は、内容物を洗浄したものとされています。
    ところが、その洗浄過程では、大量の薬品が使用されています。
    水で綺麗に洗い流しているわけではなく、薬漬けにして殺菌するというイメージです。
    また、「肉副産物」という曖昧な表記からは、一体何の肉でどのような状態だったのかは分かりません。
    副産物の原材料は、牛や鶏の内臓が新鮮な状態で加工されたものだけではないのです。
    死後から加工処理までに時間が経った肉を使用する場合、腐敗や酸化を防止するために、やはり大量の薬品が投入されています。
    あくまでも、動物が食べても問題ないとされる基準の下に加工されていますし、メーカーにとってはその方が、一度に大量の副産物を安く加工することができます。
    しかしながら、愛犬の体にとっては、本来まったく必要のない成分で、体内に蓄積されても健康にいいことは何もありません。

    1-3.ミールや肉骨粉は何の肉か分からない?

    「〇〇ミール」や「肉骨粉」と表記されたドッグフードも、原材料として使用しているのは、副産物と同じように廃棄処分となった動物の肉や、そのほか不要な部位です。
    これらをレンダリングという技術で熱処理し、粉砕、圧縮することで、ミールや肉骨粉、そして動物性油脂が作られます。
    AAFCOのペットフードに関する安全基準によると、ミートミールは血、毛、蹄、角などを取り除いてレンダリングしたものとされています。
    加えて、日本畜産副産物協会によると、国内では羽を使用したフェザーミールも、飼料用として製造されています。
    「ミール」や「肉骨粉」は、文字上は肉を想像させる表記ではありますが、肉以外のものも多く含まれた成分であるということについて、注意が必要です。
    タンパク質の含有量も、肉を中心とした原材料由来のものではないので、良質な栄養素とは言い難いですね。
    また、「チキンミール」と表記があれば鶏由来のものとわかりますが、「ミートミール」に至っては、何の動物かも分からない状態です。
    牛の内臓が入っているかもしれませんし、アヒルの骨が含まれているかもしれません。
    特に、愛犬に食品アレルギーがある場合は、気づかないうちにアレルゲン物質を摂取してしまう可能性もあるので気をつけましょう。

    1-4.曖昧な表記は避ける

    「肉類」や「豚、鶏等」のように、曖昧な表記も安全とは言い切れません。
    あくまでもペットフードとしての基準をクリアしている商品であったとしても、まず何の肉で、どんな部位を使っているのか分からないままでは不安ですよね。
    愛犬の健康を考えるからこそ、このような細かい表記にも注意が必要です。

    2.4Dミートの危険性

    このように、ペット用の多くの食材について、残念ながらそのほとんどが、人間用の食品基準に満たないものが再利用されたものです。
    そして、薬品や人工添加物の投与など、様々な過程を経てドッグフードとして加工されています。
    こうした実状が世間にも広まり、ドッグフードの安全性について関心が高まる中、4Dミートという言葉も注目されはじめました。
    4Dとは、Dead(死んだ動物の肉)・Dying(死にかけていた動物の肉)・Disabled(身体の一部に障害のある動物の肉)・Diseased(病気の動物の肉)を意味します。
    食肉用に屠殺された肉ではなく、病気や感染症で死んだ動物の肉や、瀕死の状態の動物を薬物で安楽死させた肉のことです。
    病気や感染症の種類も様々ですので、体内にがん組織や寄生虫を有していた場合もあります。
    このような品質をごまかすために、大量の薬品や人工添加物が含まれているものがほとんどなのです。

    3.安心できる良質な肉を選ぶ

    このように、ドッグフードの原材料表記を確認することは、愛犬の健康管理を行うためにとても大切です。
    ドッグフードに使用されている、すべての副産物やミールが危険であるというわけではありません。
    しかし、ドッグフードの原材料や加工過程を知ることは、品質を比較するための大きな判断材料になります。
    犬は、自ら健康管理をすることはできません。
    飼い主から与えられる食事が、犬の健康を大きく左右します。
    そして、安心して与えることのできる良質なドッグフードを選ぶのは、飼い主の判断次第です。
    最後に、安心できる良質な肉の入ったドッグフードを選ぶポイントを、もう一度確認しておきましょう。

    3-1.具体的な原材料表記

    「牛肉」「羊肉」、あるいは「チキンミート」など、どんな肉を使用しているのか、原材料について具体的な表記があるドッグフードを選びましょう。
    似たような表記のために、ややこしく感じてしまいますが、「〇〇ミール」「肉類」など、加工品や曖昧な表記のあるドッグフードはオススメできません。
    原材料の表記内容を正しく理解することで、飼い主としてドッグフードの品質を見極める能力を身につけることが必要です。

    3-2.メーカーの情報

    具体的な原材料表記だけでは、その肉は新鮮な状態で処理されたものなのか、どのような生産体制でドッグフードとして加工されているのかまでは分かりません。
    できれば、ドッグフードを作っているメーカーのホームページなどで、品質管理について明確な情報を確認することをオススメします。
    メーカーによっては、副産物として記載のあるものについても、安全な食材を素に加工してあるので、品質には問題がないと説明しているところもあります。
    信頼できるメーカーに巡り会うことで、より安心して愛犬に食事を楽しんでほしいですね。

Column関連コラム一覧
トップに戻る