ドッグフードはいつあげる

私たちは、朝・昼・晩と1日に3回食事をするのが習慣になっています。
では、愛犬の食事はどうしたら良いのでしょうか?
愛犬の食事も、時間を決めて与えることは大切です。
時間を決めないと食べたい時に食べればいいというわがままなワンちゃんになってしまうので、しつけを兼ねて食事の時間は決めた方が良いでしょう。
但し、あまり正確な時間にすると、時間になるとしつこく吠えたりして興奮することがあります。
また、時間に遅れると愛犬にはストレスを与えてしますので、与える時間はきちっと決めずに目安ぐらいに考えた方が良いでしょう。
また、あげる場所やお皿も同じにしましょう。

ドッグフードをあげる回数は、年齢や体格によって異なります。
子犬の場合は、消化機能がまだ発達していないので1回の食事量が少なくなります。
朝・昼・晩の3回が基本ですが、ドッグフードに書かれている1日の目安量より少ない場合は、3回以上になっても問題ありません。
小型犬も子犬と同じで1回の量が少なくなるので、1日の目安のカロリーに従って与えて下さい。

中型や大型の成犬の場合は、1日2回朝・晩与えるのが良いでしょう。
散歩や運動した後に与えるのがベストです。
食事した後に運動すると胃に良くありません。
「胃拡張胃捻転」という病気を引き起こす原因にもなるので、食後は安静にすることが大切です。
食後2時間はあけて運動するように心がけて下さい。

老犬になると、消化機能が衰えてきます。
愛犬の食欲を見ながら朝・晩で足りなければ、朝・昼・晩の3回にしてみましょう。
老犬におすすめのドッグフードはこちら。

ドッグフードをいつ与えるかは、愛犬の様子を見ながら調整して下さい。
また、食べ残しがあった場合は、そのままにせずに捨てるようにします。
常にエサが入っているといつでも食べられると思ってしまい、しつけにも良くありません。
食事する時には食事に集中させることが大切です。

愛犬にドッグフードを与える時間は、厳格に決める必要はありません。
あまり正確すぎると飼い主にも負担になりますし、犬にもストレスになります。
飼い主のペースに合わせてあげるようにして下さい。
あなたが「ご主人様」であることをきちんと認識させることも大切です。