ドッグフードに使用される保存料

食品には様々な保存料が含まれています。
保存料とは、「食品中の食品の腐敗や変敗の原因となる微生物の増殖を抑制し、保存性を高める添加物」です。
保存料がなければすぐに腐敗してしまうので、長期保存の食品には不可欠なものです。
これは、ドッグフードも同じです。
特に長期保存のドライタイプのドッグフードには様々な保存料が使用されています。

ドッグフードに使用されている保存料は、「亜硝酸ナトリウム」「プロピレングリコール」「ソルビン酸カリウム」があります。
亜硝酸ナトリウムは、肉の黒ずみを予防する保存料として使用されています。
肉に含まれている色素に反応して赤みを増やす働きがあるので着色料としても使われます。
ドッグフード安全法では、1g中100μgと規定されています。
亜硝酸ナトリウムが問題視されるのは、肉に含まれる物質(アミン)と反応して、発ガン性物質である「ニトロアミン」を発生させるリスクがあることです。

プロピレングリコールは、ドッグフードの半生タイプやモイストタイプの保湿剤として使用されています。
また、防カビや防腐剤としての働きもあるので化粧品や洗剤などにも利用されています。
麺やおにぎりなどにも使われていますが、使用量は毒性が強いので使用量はかなり制限されています。
またペットフードでは、猫用のみ使用が禁止されています。
愛犬が大量に摂取するとアレルギーや腸閉塞を引き起こす危険性が言われています。

ソルビン酸カリウムは、様々な食品の腐敗防止として使われている保存料です。
ソルビン酸カリウム自体の毒性はそれほど強くはありませんが、亜硝酸ナトリウムと反応して発ガン物質を発生させる危険性も指摘されています。

安全安心なドッグフードを選ぶのなら添加物には注意が必要です。
無添加のドッグフードや天然の保存料を使用しているドッグフードなどもありますが、価格は高めになっています。

まずは、ドッグフードに記載されている添加物をチェックしてみましょう。
危険性のある保存料が多く使われているものは避けた方が賢明ですね。
また、知っておきたいドッグフードを食べない時の注意点についても参考に合わせてご覧ください。