ドッグフードはどうやってふやかすか

多くの愛犬は、「カリカリ」と呼ばれているドライフードを食事にしています。
ドライタイプのドッグフードは日持ちが良く、価格も安めなので飼い主には嬉しいペットフードです。

しかし、愛犬は細かく噛み砕く歯を持っていません。
ですから硬い物を噛み砕くのは苦手と言えます。
特に子犬や老犬には食べづらいドッグフードになります。
このような場合に効果的なのが、ドッグフードをふやかす方法です。
ドライフードが水分を含むと肉のような食感にもなり、風味も出てくるのでワンちゃんの食欲を刺激します。
ドッグフードをふやかす場合は、水かぬるま湯を使うようにします。
熱湯でふやかすとドッグフードに含まれる熱に弱い栄養素が破壊されてしまいます。
また、ワンちゃんも実は「猫舌」です。
熱い物には弱くやけどしてしまう危険性もあるので、熱湯でのふやかしは避けて下さい。

ドライフードが食べられない子犬や歯が弱くなった老犬には、水で2時間ぐらい時間をかけてふやかすのがオススメです。
ドライフードの中まで柔らかくなるので、消化吸収が良くなります。
なかなかふやけにく形のドッグフードの場合は、ドッグフードを袋に入れてスリコギなどで叩いて砕いてからふやかすと柔らかくなります。

毎回ふやかすのが大変な場合は、1日分をふやかして保存しておくやり方もあります。
この場合、冷たくなっているのであげる前に電子レンジで軽く温めると良いでしょう。
また、鶏のササミを煮込んだスープをかけても丁度良い温度になり、愛犬の食欲をそそります。
ドッグフードをふやかすメリットは、食べやすくなり同時に水分も補給できることです。
但し、水分が増えたことで満腹感が大きくなるので、カロリー不足には注意が必要です。

また、歯の間にドッグフードが溜まりやすくなるので、歯のケアは忘れずにしましょう。
ウェットタイプのドッグフードもありますが、まずは栄養バランスの優れたドライフードをメインにして、柔らかいものをあげたい時には、ふやかしたものを与えるのが経済的ですね。
1回であげるドッグフードの量は愛犬の頭くらいの大きさのようです。
それを1日数回にわけてあげるのが良いとのことです。
愛犬の体型管理も飼い主さんの大切な役割ですので、愛犬のベスト体重を維持できるように心がけましょう。