ドッグフードのローテーションは必要?

多くの飼い主の方は、愛犬には色々なドッグフードを食べさせてあげたいと思うかもしれません。
1タイプのドッグフードだけでは「かわいそう」と感じてしまうのでしょう。
愛犬に様々なドッグフードを与えた方が良いかは議論が分かれるところです。

2種類以上のフードを1袋ごとや1~2ヶ月ごとに切り替えて与えることを「ドッグフードのローテーション」と呼びます。
ドッグフードのローテーションのメリットは、まず、色々な栄養素が摂取できることです。
高品質なドッグフードなら心配がありませんが、経済的には負担がかかります。
多少安いフードを与えるのなら、ローテーションで不足した栄養を補うことが可能です。
但し、ドッグフードの中にどんなものがどのぐらい含まれているのかをきちんと把握しなければなりません。
また、ローテンションすることでアレルギー物質や添加物の蓄積を防げる効果も言われています。

しかし、ドッグフードのローテーションにはいくつかデメリットもあります。
ひとつは、ドッグフードを新しくすることで下痢や消化不良を引き起こしやすくなることです。
ローテーションをおこなうなら慣れたフードを2~3種類ピックアップしておこなうのが良いでしょう。
もうひとつのデメリットは、アレルギーの原因物質が特定できなくなることです。
ドッグフードには様々な原材料や添加物が含まれています。
例えば「牛肉を使ったドッグフードを与えていたらフケが少し出てきた。
1ヶ月後卵が含まれているドッグフードに切り替えてもフケは止まらない、次第にアレルギー症状が出てしまった。
」 このような場合、アレルゲンとしては牛肉も卵も考えられます。
つまりローテーションすることでアレルギーの原因の特定が難しくなります。

結論を言えば、ドッグフードのローテーションはあまり必要ではないと言えます。
最近のドッグフードは栄養バランスに富んだものが多いので、アレルギーさえでなければ1種類で十分です。
また、新たな種類に変えると愛犬も「もっと美味しいもの」を期待してわがままになります。
しつけのためにも1種類を与え続けた方が良さそうです。
上記で1種類だけを与え続けた方が良いといいましたが、例外もあります。
ひとつは赤ちゃんの頃から成犬、老犬へと年齢が上がっていくにつれて必要な栄養素やカロリーなどが変わってくるからです。
このことについてはドッグフードを切り替えるべきタイミングについてで詳しく解説されていますので、こちらもぜひご覧ください。