タンパク質の割合の高いドッグフードを選ぶ

タンパク質は、犬にとって最も必要な栄養素です。
愛犬がいつまでも健康で長生きするためには、豊富なタンパク質を含む良質なドッグフードを選ぶことが大切です。
それでは、タンパク質の割合の高いドッグフードを与えることで、愛犬の体にいったいどのような効果が期待できるのでしょうか。

1.犬にとって理想的な栄養バランスとは?

人間と同じように、犬にも理想的な栄養バランスがあります。
もともと、肉食に近い雑食性である犬の三大栄養素は、タンパク質・脂質・炭水化物です。
その中でも、最も必要な栄養素といわれるのがタンパク質です。
人間の主食は炭水化物ですが、犬の主食はタンパク質です。
愛犬の健康のためには、タンパク質を中心に、それぞれの体質に合った栄養素をバランスよく摂取することが必要なのです。

2.タンパク質が犬の体を作る

タンパク質は大きく二つの種類に分けることができます。

  • ・動物性タンパク質:肉、魚、卵、チーズ、牛乳など
  • ・植物性タンパク質:大豆、米、トウモロコシ、小麦など
    • 特に、動物性タンパク質の肉や魚には、犬の健康にとって欠かすことのできない必須アミノ酸がすべて含まれています。
      必須アミノ酸は、犬の体内では作ることができません。
      その代わりに、すべて食事から摂取する必要があります。
      そのため、犬にとっては、必須アミノ酸を豊富に含んだ肉や魚を中心とした、高タンパクな食事が理想的です。
      肉や魚は、犬にとって必要なタンパク質含有量が高いだけでなく、消化吸収にも優れています。
      栄養素の消化吸収がよくなることで、下痢や便秘に悩んでいた体質が改善されることが期待できます。
      そのほかにも、必須アミノ酸を含んだ動物性タンパク質は、犬の健康維持のために、次のような 様々な効果を発揮します。

      • ・筋肉・骨・血・爪など体の基礎を作る
      • ・美しい毛並みや毛艶を維持する
      • ・皮膚を健康に保つ
      • ・消化吸収に優れている
      • ・免疫力を保つ

      このように、犬の体はほぼタンパク質によって作られています。
      動物性タンパク質の中でも、一般的なドッグフードの原材料として幅広く使用されているのが、牛肉、鶏肉、ラム肉などです。
      しかし、愛犬の体質によっては、牛肉アレルギーなど、特定のタンパク質を原因とするアレルギー疾患の可能性があります。
      愛犬の食いつきが悪かったり、下痢や嘔吐を繰り返したりと体調不良が気になった場合は、必ず獣医師に相談しましょう。
      愛犬の健康を維持するためには、それぞれの体質や嗜好に合う食材を使用したドッグフードを選ぶことが大切です。

      3.良質なドッグフードを選ぶポイント

      いざドッグフードを選ぶとなると、種類の多さや内容の違いに混乱してしまうこともありますよね。
      タンパク質が豊富に含まれていることのほかに、どのようなポイントに気をつければよいのでしょうか。

      3-1.具体的な原材料表記

      ドッグフードの原材料表示を確認してみてください。
      原材料表示は、含有量の多い順番に記載されています。
      トップに記載されている食材が、牛肉や鶏肉、ラム肉、サーモンなど、具体的な肉や魚の種類であるものを選びましょう。
      具体的な食材の表記があることが、良質なドッグフードを見極めるための大きなポイントの一つになります。
      副産物などを使用せず、純粋に新鮮な食肉のみを使用しているかについては、メーカーのホームページなどで確認できると、より信頼できる品質といえるでしょう。
      また、具体的な原材料表記があることで、愛犬の体質や嗜好に合ったドッグフード選びがしやすくなります。
      犬にも、好き嫌いやアレルギーの有無など、体質は様々です。
      はじめは、少量のお試しパックを購入して、選んだ食材が愛犬に合っているのか、しばらく様子をみてみることもオススメです。

      3-2.優れた栄養バランス

      肉や魚を原材料とした動物性タンパク質を中心に、そのほかの栄養素がバランスよく配合されていることを確認しましょう。
      高タンパクの食事に対して、脂質や糖分を摂りすぎると肥満の原因につながります。
      三大栄養素のうち、脂質と炭水化物については控えめに、かつアレルギー性の低い食材(サツマイモ、バナナ、エンドウ豆など)で補われていることがポイントです。
      また、三大栄養素に加えて、ビタミン、カルシウム、食物繊維などが、自然由来の原材料で配合されているかどうかも、良質なドッグフード選びには大切なポイントです。
      化学的合成品や人工添加物を含んでいないドッグフードを選ぶことで、より健康的な愛犬の体質作りを目指しましょう。

      3-3.副産物は避ける

      注意すべきは、〇〇ミールや肉骨粉など、原材料が曖昧な表記です。
      肉を連想させる表記ではありますが、これらは廃棄肉などを加工した副産物です。
      そのため、良質で豊富なタンパク質を補うことはできません。
      タンパク質が足りないと、免疫力が低下し毛艶が悪くなったり、消化機能が低下したりと、様々な体調不良の原因を引き起こします。
      また、加工の段階で、品質維持のために多量の添加物や薬品が投与されています。
      これらは体内に蓄積されると、アレルギーの発症や発がん性が高まりますので、愛犬の健康のためには避けたほうがよいでしょう。

      3-4.穀物がメインのドッグフードは避ける

      比較的安価なドッグフードの原材料表記を確認すると、植物性タンパク質であるトウモロコシや小麦が主に使用されていることがほとんどです。
      しかし、このような穀物中心のドッグフードは、犬の体にとって理想的な栄養バランスとはいえません。
      なぜなら、犬は穀物の消化吸収が得意ではないため、下痢や便秘などを起こしやすくなります。
      また、小麦に代表されるアレルギーを発症するリスクも高くなります。
      タンパク質含有量が多いからといって安心せず、その原材料が穀物なのか、肉や魚なのかをしっかり確認しましょう。

      4.愛犬の年齢や体質に合わせたドッグフードを選ぶ

      愛犬の健康とドッグフードの品質について、動物性タンパク質が大きく関係していることをご紹介してきました。
      これからも愛犬に健康で長生きしてもらうために、愛犬の年齢や体質などに合わせて、健康的な栄養バランスを目指していきましょう。

      4-1.成長期の子犬

      子犬は、およそ1年間というスピードで成犬の体に成長します。
      そのため、成犬の体に必要な丈夫な筋肉と骨格を形成し、免疫力を高めるためにも、特にタンパク質を多めに摂取する必要があります。
      この時期に摂取した栄養が、その後の体質にも大きく関わりますので、子犬の頃からしっかりと栄養バランスを整えてあげましょう。

      4-2.シニア犬

      人間と同じように、犬も年齢を重ねると食べる量が少なくなります。
      また、横になっている機会が増えるので、筋肉の量も落ちていきます。
      それを年齢のせいだからと放っておくと、どんどん基礎代謝は低下し、足腰も弱っていきます。
      そこで、低カロリー・高タンパク質のドッグフードを与えることで、少ない運動量に応じたエネルギーの補給と、健康的な筋肉や免疫力の維持が期待できます。

      4-3.肥満

      低カロリー・高タンパク質のドッグフードは、ダイエット中の肥満犬にも効果的です。
      肥満犬の場合は、摂取カロリーや脂質を抑えつつ、積極的な運動と良質なタンパク質の組み合わせにより、理想的な筋肉と体型作りを目指すことができます。
      肥満改善の効果と健康維持のため、ドッグフードのパッケージや、メーカーのホームページに記載されている摂取目安量を参考に、適量を与えるようにしましょう。

      4-4.下痢・便秘

      穀物中心のドッグフードが原因で消化不良が起こり、下痢や便秘になるケースは多く見受けられます。
      もともと、犬の腸は短いので、消化によい動物性タンパク質であれば、内臓への負担も軽減されます。
      消化不良が改善されているかどうかは、便の形で判断できます。
      消化不良を起こして下痢など不調が続いている段階では、便はゆるく量も多めです。
      一方で、消化不良が改善されると、健康的な便は小さめでコロッとした形になります。

      4-5.毛艶・毛並み

      皮膚や被毛もタンパク質によって作られます。
      特に被毛が長い犬種は美しい毛艶を保つためにも、品質のよい豊富なタンパク質は重要な栄養素です。
      また、毛並みがゴワついたり、抜けるような症状も、アレルギーでなければ、タンパク質不足が原因の可能性があります。
      普段のスキンシップを通して、愛犬の皮膚や被毛の状態もよく観察してみてください。

Column関連コラム一覧
トップに戻る