≪コラム≫ペット保険で万一に備える

詳細情報

ドッグフードに十分配慮しても、病気やケガのリスクは0(ゼロ)にはなりません。
そこで注目したいのが、ペット保険です。

ペット保険に加入しておけば、万が一のケースにもしっかりと対応することができます。
・重いケガをしてしまった場合
・長期的に継続した通院が必要な病気になってしまった場合
・手術が必要な重篤な病気を罹患した場合
などのケースで役立ってくれる、心強いツールです。

ご存知の方も多いと思いますが、動物病院の診療費は、動物病院側が自由に決めることができます。(※自由診療)
その為、上記したようなケースでは、想定以上の診療費が必要になるケースもあります。

高額な費用が発生する治療でも、迷うことなく最善の治療を受けさせてあげたい…
そんな時の為に、ペット保険に加入しておくと安心です。

保険料が気になる…

とは言え、ペット保険に加入するとなると、毎月発生する「保険料」が気になるという飼い主さんも少なくないでしょう。

また、【免責金額】【最低診療費】【保険料の値上げ】などなど…
難しい専門用語やルールが面倒で加入を避けているケースも少なくないと思います。

そこでオススメしたいのが、シンプルかつリーズナブルでコストパフォーマンスに優れたペット保険です。

管理人である私も上記したような不安を実際に感じて、なかなかペット保険に加入できずにいました。
そんな私でも安心できたのが、PS保険です。

PS保険の長所は?

PS保険の長所は、ずばり、保険料が安いということ。
それでいて、補償内容が充実しているのがポイントです。

さらに、非常に重要なポイント…免責金額や最低診療費などについての心配が無用という所が高く評価されています。

「迷ったらコレを選べばOK!」
と言っても良いくらい、コストパフォーマンスに優れたペット保険です。

通院・入院・手術に対応

通院・入院・手術のすべてに対応しています。
特に、通院に対応しているのは大きな長所の一つ。

免責金額の設定がないので、ちょっとしたケガ・病気のケースでも、保険を使うことができます。

また、非常に重要なポイントなのですが、たくさん使っても保険料が高くなることはありません。

年齢以外の理由で保険料が値上げされることはないので、遠慮なく沢山使うことができます。
そんな背景もあって、PS保険に加入してからというもの動物病院との付き合い方が変わりました。
万が一の時にこれ程気軽に備える事ができる保険は他にはなかなかありません。

しかも、他社の保険と比べて保険料の値上げは非常に緩やかです。
生涯を通じて利用することができます。


プランを選べる

50%補償の基本プラン、70%補償の堅実プラン、100%補償の充実プランから好きなものを選ぶことができます。

補償割合によって保険料が変動するので、目的や予算に合わせて選びましょう。

例えば…「まずは加入してみたい」と考えている場合は、手頃な50%プランから始めてみると良いかも知れません。

申し込みが簡単

保険の契約…となると、契約が面倒というイメージをお持ちの方も多いと思います。
しかし、PS保険はネットに特化したペット保険なので手続きが非常に簡単。
診断書や血統書、体毛などは一切不要です。

パソコンやスマホから申し込みができるので、すぐに申し込むことができます。
※申込書(記入用紙)の郵送による申し込みも可能

まずはじっくり考えたい…という場合は資料請求から検討を始めることも可能。
もちろん、資料請求は無料です。

ちなみに、見積りはWEB上ですぐに確認することができます。
年齢・犬種を入力するだけなので、まずはチェックしてみましょう!

Column関連コラム一覧
トップに戻る