ドッグフードを残す時は変えた方がいい?

普段食べているドッグフードの食べが悪くなると、とても心配になる飼い主さんは多いでしょう。
特に、日頃から食べムラがあるわけではなく、比較的何でも食べてくれるような犬であれば、尚更です。
ドッグフードの食べが悪くなると、ついやってしまいがちなのが、すぐにドッグフードを切り替えることです。
果たして、愛犬がドッグフードを残したら、思い切って変えた方が良いのでしょうか。

なぜ残ってしまったのかを考える

愛犬がドッグフードを残してしまったら、なぜ残してしまったのかを考えましょう。
例えば、おやつをたくさん与えてしまった・食事時間の間隔がいつもより短かったなど様々な理由があるかと思います。
こういった場合は、とくにドッグフードを変える必要はなく、いつもと同じようにもう一度ドッグフードを与えてみましょう。
この時、いつも通り食べてくれれば変更する必要はありません。

ただし、ここで注意する必要があるのが、ドッグフードを残すと同時に、元気がない・嘔吐・下痢などいつもと違った症状がある場合です。
この場合は、もしかすると何か病気で残してしまっている可能性もあるので、早めに動物病院に相談すると良いでしょう。

体調不良で残す

私たち人間が体調不良になると食欲がなくなるように、犬も体調不良によりドッグフードを残すことがあります。
いつもドッグフードを食べているのに、急に残してしまう日が続く場合は、体調不良の可能性があります。
その場合、ドッグフードは変えずに他に症状(嘔吐・下痢・元気がないなど)がないかをよく観察しておきましょう。

遊び食いをして残す

ドッグフードを食べてるかと思ったら、急に遊びだしてしまい、また少しするとドッグフードを食べ始める犬もいるでしょう。
この場合、食事に集中できず遊び食いをしている可能性があります。
このような場合も体調不良と同様に、ドッグフードを残したからといって変えずそのまま与え続けましょう。
また、遊びだしたらフードを取り上げてしまうのも効果的です。

好き嫌いで残す

ドッグフードを残す要因としてよくあるのが、好き嫌いです。
人間が食べるもの・美味しいおやつ・嗜好性の高いフードなどをたくさんあげてしまうと、その味を覚えてしまいドッグフードを食べなくなる場合があります。
この場合は、とくにドッグフードを変えなてはいけません。
変えることにより、犬がグルメになってしまい、嗜好性の高いドッグフードしか食べなくなってしまいます。

量が多くて残す

犬によっては、与えられるドッグフードの量が多くて残してしまうこともあります。
また、与えすぎは肥満の要因となり健康を害する恐れもありますので、食事量はパッケージに記載された適量を与えるようにしましょう、また、それでも残してしまう場合は、1回量を少なくして、食べきるれる量にして与えるようにしましょう。

基本的にはすぐに変えない

ドッグフードを残してしまうと、つい違うドッグフードを与えたくなったり、いつも以上におやつを与えたくなってしまうものです。
しかし、これをしてしまうと、犬は【ドッグフードを食べなければ美味しいものをくれる】と認識してしまい、余計にドッグフードを食べなくなってしまいます。
つまり、基本的にはドッグフードは変更せずそのまま与え続けた方が賢明と言えます。
それでも、中には頑固でドッグフードを食べない犬もいます。
こういった場合は、ドッグフードの切り替えをしても良いでしょう。
ただし、成犬であれば2~3日程食べなくても問題ないと言われているため、ギリギリまで粘ってみてそれでもダメなら切り替えるようにしましょう。

犬は、学習能力が高いため(もちろん犬種にもよります)、美味しいものを与え続けたり、食べないからといって他の良いものを与えてしまうと、「食べなければもっと美味しいものをくれる」学習してしまい、どんどんグルメになってしまします。
体調不良であれば、ドッグフードの見直し(医師の判断により)や動物病院での診察が必要ですが、そうでない場合は、むやみやたらにドッグフードを変えない方が賢明でしょう。
Column関連コラム一覧
トップに戻る